MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2019年03月25日

「平成30年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定

 Hondaは、経済産業省が実施している「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定され、3月22日に経済産業大臣表彰を受けました。

 この「新・ダイバーシティ経営企業100選」は、経済産業省が、ダイバーシティ推進を経営成果に結びつけている企業の先進的な取り組みを広く紹介し、取り組む企業のすそ野拡大を目的として、経済産業大臣表彰を毎年実施しているものです。

平成30年度 新・ダイバーシティ経営企業100選

 Hondaは「Honda Philosophy」における「人間尊重」の考え方に基づき、人材多様性の進化のありたき姿を「多様な属性・価値観を持つ“個”が活き活きと輝くことで、企業総合力を最大限発揮すること」と定義し、2015年に多様性推進室を立ち上げ、女性活躍拡大をはじめとする社内のダイバーシティ推進に積極的に取り組んできました。

 主に日本における女性活躍拡大として、「意識・風土改革」「キャリア形成支援」「制度・環境整備」を柱に推進。これらの取り組みにより、女性管理職数の増加や従業員活性度の向上へつなげることができました。今後は、人材多様性の推進を女性のみならず全従業員へ展開し、さらなる進化・拡大を図っていきます。

主な取り組み

意識・風土改革

「階層別講演会やセミナー」を各事業所にて実施
「女性従業員対象のダイバーシティフォーラム」を2016年度は管理職を対象に、2017年度は主任層を対象に開催

キャリア形成支援

「キャリア計画書」および社内アドバイザーとの個別面談による「キャリア面談」「キャリア研修」「育児期支援の施策」を実施

制度・環境整備

「半日有休」「在宅勤務」「育児費用補助」「企業内託児所」
配偶者の転勤等に伴う「休職制度」「帯同転勤(諸条件あり)」の導入
「短時間勤務」「祝日稼働日の一時保育」の拡充

成果

 「女性管理職数」は、公表した目標に対し、2018年度は「2014年度比で2倍」に到達。全従業員対象の意識調査における従業員活性度は、前回2016年度調査の3.34ポイントから2018年度調査では3.46ポイントに改善しました。

  • 従業員の意識や活性度の変化を把握する事を目的に5ポイント満点の評価で実施

Hondaの多様性の取り組みについて