MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2019年10月23日

大型アドベンチャーモデル「CRF1100L Africa Twin」「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」を発売

 Hondaは、大型アドベンチャーモデル「CRF1100L Africa Twin」と、大容量燃料タンクなどを装備し、さらなる冒険心を駆り立てる「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」を2020年2月14日(金)に、また、より上質で快適な走りを追求し、前後に電子制御のサスペンションを採用した「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」を2019年12月13日(金)に、それぞれHonda Dreamより発売します。

CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(グランプリレッド)

CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(グランプリレッド)

 今回のモデルは、2016年に次世代アドベンチャーモデルとして発売された「CRF1000L Africa Twin」の開発コンセプト「True Adventure」を踏襲しながら、排気量を拡大し動力性能を向上させるとともに、各部の徹底した軽量化による運動性能の向上を図るなど、扱いやすさとトータルバランスをさらに高次元へと向上させました。
 また、さまざまな走行状況で最適な走りを実現するライディングモードや、長距離をより快適に移動できるクルーズコントロール、メーターからの情報を的確に認知できる大型6.5インチTFTカラーディスプレイを搭載するなど、楽しく快適にライディングするための電子制御によるライダーサポート機能も充実させました。
 スタイリングは、Africa Twinの伝統をより濃く感じさせるデザインへと昇華させ、CRF1100L Africa Twinのカラーリングには、Hondaのオフロードカテゴリーの技術革新を表現するカラーの「グランプリレッド」1色を設定。CRF1100L Africa Twin Adventure Sportsのカラーリングには、冒険マインドを表現し、軽快な「パールグレアホワイト」1色、CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ESには「パールグレアホワイト」と、シックで力強い装いの「ダークネスブラックメタリック」の2色を設定しました。

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports(パールグレアホワイト)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports
(パールグレアホワイト)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission(ダークネスブラックメタリック)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission(ダークネスブラックメタリック)

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計  1,300台

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

CRF1100L Africa Twin(グランプリレッド)
 1,617,000円(消費税抜き本体価格 1,470,000円)

CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(グランプリレッド)
 1,727,000円(消費税抜き本体価格 1,570,000円)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports(パールグレアホワイト)
 1,804,000円(消費税抜き本体価格 1,640,000円)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports Dual Clutch Transmission(パールグレアホワイト)
 1,914,000円(消費税抜き本体価格 1,740,000円)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES
(パールグレアホワイト、ダークネスブラックメタリック)
 1,947,000円(消費税抜き本体価格 1,770,000円)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission
(パールグレアホワイト、ダークネスブラックメタリック)
 2,057,000円(消費税抜き本体価格 1,870,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

CRF1100L Africa Twinシリーズの主な特徴

車体・足回り

  • 新設計のフレームは、従来モデルに対してフレームボディートータルで約1.8kgの軽量化を達成し、走行性能の向上を図るとともに、さまざまな走行シーンで要求される剛性バランスを高次元で両立。
  • 別体化したアルミ製リアフレームは、前方部の幅を従来モデルより40mm細くすることで足つき性を向上。
  • シート高を830mmと810mmの2段階に、容易な操作で調整可能なシートを採用。

パワーユニット

  • 従来モデルからストロークを伸ばし排気量を拡大した、新設計の水冷直列2気筒1082ccエンジンを搭載し、出力、トルクを向上することで、オフロードにおけるエキサイティングな走行や、オンロードにおける長距離移動時の余裕のある力強い走行を実現。
  • スロットルバイワイヤの応答速度を向上させ、ライダーの操作に対し、よりリニアな反応を実現。
  • シリンダーヘッド、スロットルボディーを刷新するとともに、インジェクターの配置を最適化し、燃料をよりダイレクトに燃焼室に噴射することで燃焼効率を向上。
  • トランスミッションは、ライダーのクラッチ操作やシフト操作が不要となり、余裕を持ったライディングが可能となるデュアル・クラッチ・トランスミッションと、ライダー自身の操作で、シフトチェンジが可能なマニュアルトランスミッションの2タイプを設定。
  • デュアル・クラッチ・トランスミッションは、IMU(慣性計測装置)を用いたコーナリング走行検知制御の追加により、シフトタイミングをよりライダーの感性に近づけるとともに、発進制御の熟成による滑らかな走り出し、変速制御の熟成によるスポーツフィーリング溢れるダイレクト感を実現。
  • マニュアルトランスミッションタイプには、変速時のクラッチ操作とスロットル操作を不要とするクイックシフターをオプション設定。

電装・制御

  • オンロードモードとオフロードモードの2通りのモードを備えたモード選択式ABSは、それぞれの走行状況にあった制動性能を実現。
  • IMUから得られるバンク角に応じて制動力をコントロールする、コーナリングABSによりコーナリング中のブレーキ操作時のホイールロックを抑制。
  • アドベンチャーツーリングで遭遇するさまざまな走行状況に対応し、楽しいライディングが可能となる、4つのあらかじめ設定されているライディングモードと任意で設定できる2つのライディングモードを採用。
  • Hondaセレクタブルトルクコントロールは、前輪の浮き上がりを3段階で抑制するウイリーコントロールを新たに追加するとともに、IMUから得られる車両状態に応じ後輪のスリップをより緻密に制御することで、ライダーの姿勢変化が少ない快適な走行に寄与。
  • 豊富な情報を的確に認知しやすくした大型6.5インチTFTカラーディスプレイを採用。

CRF1100L Africa Twin Adventure Sportsの主な特徴

  • 大容量24Lの燃料タンクを装備し、長距離ツーリングでの利便性を向上。
  • 手動にて高さと角度が5段階に調整可能なスクリーンを装備し、長距離ツーリングの快適性を向上。
  • バンク角に応じて3段階で照射範囲を自動変更するコーナリングライトを装備し、夜間走行時の視認性を向上。
  • 不整地での飛び石などからエンジン下部を保護する大型スキッドプレートや、積載性を向上する軽量アルミリアキャリアを装備し、アドベンチャーモデルに求められる仕様を充実。
  • チューブレスタイプのスポークホイールにチューブレスタイヤを採用。
  • 走行中のサスペンションストローク速度と、IMUから検知する車両の状態、及び車速に応じて瞬時に減衰力を最適化するショーワ社製電子制御サスペンションEERA(Electronically Equipped Ride Adjustment)を採用※1し、さまざまな走行シーンにおける操縦性と快適性を実現。
  • ※1CRF1100L Africa Twin Adventure Sport ES

主要諸元

 

CRF1100L
Africa Twin
Adventure Sports ES

CRF1100L
Africa Twin
Adventure Sports

CRF1100L
Africa Twin

車名・型式

ホンダ・2BL-SD10

全長(mm)

2,310

全幅(mm)

960

全高(mm)

1,520(スクリーン最上位置1,580)

1,355

軸距(mm)

1,560

最低地上高(mm)

210

シート高(mm)

830(ローポジションは810)

車両重量(kg)

240【250】

238【248】

226【236】

乗車定員(人)

2

燃料消費率※2(km/L)

国土交通省届出値:

32.0(60)〈2名乗車時〉

定地燃費値※3(km/L)

WMTCモード値 (クラス)※4

21.3(クラス 3-2)〈1名乗車時〉

最小回転半径(m)

2.6

エンジン型式

SD08E

エンジン種類

水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒

総排気量(cm3

1,082

内径×行程(mm)

92.0 × 81.4

圧縮比 

10.1

最高出力(kw[PS]/rpm)

75[102]/7,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

105[10.7]/6,250

燃料供給装置形式

電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>

始動方式 

セルフ式

点火装置形式 

フルトランジスタ式バッテリー点火

潤滑方式 

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)

24

18

クラッチ形式 

湿式多板コイルスプリング式

変速機形式

常時噛合式6段リターン【電子式6段変速(DCT)】

変速比

1速

2.866【2.562】

2速

1.888【1.761】

3速

1.480【1.375】

4速

1.230【1.133】

5速

1.064【0.972】

6速

0.972【0.882】

減速比(1次 /2次)

1.717/2.625【1.863/2.625】

キャスター角(度)

27゜30’

トレール量(mm)

113

タイヤサイズ

90/90-21M/C 54H

150/70R18M/C 70H

ブレーキ形式

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

懸架方式

テレスコピック式

スイングアーム式(プロリンク)

フレーム方式

セミダブルクレードル

【 】内はデュアル・クラッチ・トランスミッション
■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)

  • ※2燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
  • ※3定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
  • ※4WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

■製造事業者/本田技研工業株式会社

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。