MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2018年10月16日

HondaJet アジア圏で初の型式証明を取得、機体の性能向上を実現するパフォーマンスパッケージを発売

Hondaの航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニー(本社:⽶国ノースカロライナ州グリーンズボロ市 社⻑:藤野 道格)は、現地時間2018年10月15日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company、以下HACI)は、米国・フロリダ州オーランドで開催される世界最大のビジネス航空ショー「ナショナル ビジネス アビエーション アソシエーション(NBAA)2018」(プレスデー:10月15日、一般公開日:10月16日~18日)にて、インドにおける型式証明取得と従来モデルのHondaJetに適用可能な「HondaJet APMG※1パフォーマンスパッケージ」を発表しました。

インドの型式証明を取得したHACIメンバー

インドの型式証明を取得したHACIメンバー

インドの型式証明を取得

 HACIは、インド民間航空局(Directorate General of Civil Aviation、以下DGCA)から2018年9月に小型ビジネスジェット機「HondaJet」と最新型「HondaJet Elite」の型式証明を取得しました。インドでの型式証明取得は、アジア圏で初となり、米国、欧州、メキシコ、カナダ、ブラジル、アルゼンチン、パナマに続いて8ヵ国目です。また、現在は中国と日本での型式証明の申請を行っており、適用国の拡大を進めています。

HondaJetの性能向上に寄与するパフォーマンスパッケージを発売

 HACIは、HondaJet APMGパフォーマンスパッケージを10月15日(月)に発売しました。このパフォーマンスパッケージは、従来モデルHondaJetの購入後に、その性能をより一層向上させることを目的とし、HACI内で編成した専門グループ「HondaJet APMG」が開発した商品です。HondaJet APMGは、主に機体性能とシステムインテグレーションを中心に既存機の性能の向上や最新機能の開発を行います。機体の購入後に性能を向上させる商品の開発は、所有いただいているHondaJetの利便性を高め、お客様の移動の可能性をこれまで以上に広げることに繋がります。パフォーマンスパッケージは、HACIおよび各地域のHondaJetディーラーで適用できます。

HondaJet APMGパフォーマンスパッケージ適用による主な性能の向上内容

  • 機体の空力性能の改善により、空気抵抗を低減し、最大離陸重量を10,600ポンド(4,808kg)から10,700ポンド(4,854kg)へ増加
  • 航続距離を平均100~120ノーティカルマイル(185~222km)延長
  • ペイロード※2を100ポンド(45kg)増加
  • 主翼、水平尾翼の空力性能改善により、離陸距離を3,934フィート(1,199m)から3,491フィート(1,064m)へ短縮し、アクセス可能な空港数が増加
  • Garmin G3000アビオニクスのソフトウェアをアップデートし、機体の操縦性や安全性のさらなる強化を目指しました
  • ※1APMGはAdvanced Performance Modification Groupの略称
  • ※2ペイロードとは、実際に搭載する旅客、貨物などの重量
HondaJet APMGパフォーマンスパッケージを適用したHondaJet

HondaJet APMGパフォーマンスパッケージを適用したHondaJet

HACI取締役社長 藤野道格のコメント

「インドDGCAにおけるHondaJetの型式証明取得は、アジアでは初となり、HondaJetのさらなるグローバル展開を意味しています。また、我々はビジネスジェット業界のパイオニアとして最先端の技術を持ってより良い製品を提供することを目指しており、今回発表したHondaJet AMPGパフォーマンスパッケージは、所有いただいている機体の利用用途拡大や安全性の向上など、HondaJetのさらなる可能性を引き出します」

ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company, LLC)概要

設立 2006年8月
出資形態 American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
代表者 取締役社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
所在地

米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市