MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2018年03月06日

2018年ジュネーブモーターショー発表内容

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:井上 勝史)は、現地時間2018年3月6日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

 Hondaは、ジュネーブモーターショー(プレスデー:2018年3月6日〜7日、一般公開日:3月8日〜18日)にて、新型「CR-V」欧州仕様の量産モデルを初公開しました。

新型CR-V

新型CR-V

 また、「Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)」や「Honda Sports EV Concept(スポーツイーブイコンセプト)」などのコンセプトモデル、「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」を始めとした量産モデル、二輪・四輪のレーシングマシン、そしてエネルギーマネジメントを担うパワーコンディショナーのコンセプトモデル「Honda Power Manager Concept(パワーマネージャーコンセプト)」なども展示しました。

シビック TYPE R

シビック TYPE R

主な出展物

新型CR-V 欧州仕様

1995年の発売以来、世界160ヵ国以上で支持されているSUVモデル。5代目となる新型CR-Vは、エレガントかつスポーティーなエクステリアデザインを採用し、ガソリン車には新たに3列シート仕様を設定するなど、ユーティリティー性能も向上させています。パワートレインは、1.5L VTECターボエンジンと、Hondaが欧州で販売するSUVでは初となる、2.0L i-VTECエンジンと「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-MMD※1」を組み合わせた、2つの仕様を設定。欧州では2018年秋より順次、デリバリーを予定しています。

シビック TYPE R

究極のFFスポーツを目指して開発されたモデル。2017年4月に行われたドイツ・ニュルブルクリンク 北コースでの走行テストでは、FFモデルとして最速※2となる、7分43秒80※3のラップタイムを記録し、先代モデルのタイムを7秒近く※4更新するなど、運動性能の高さを証明しています。
また、2016年に先代モデルが欧州各地のサーキットで高いパフォーマンスを証明したのと同様に、最新モデルでも欧州各地のサーキットにおいてラップタイム更新を目指す「シビックTYPE Rチャレンジ」を行います。このチャレンジには、元F1ドライバーで、現SUPER GTドライバーのジェンソン・バトン選手、WTCRドライバーのティアゴ・モンテイロ選手、エステバン・グエリエリ選手、SUPER GTドライバーのベルトラン・バゲット選手の参加を予定しています。

Honda Urban EV Concept

新開発のEV専用プラットフォームを採用し、将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すコンセプトモデル。
Hondaは欧州にて、このモデルをベースにした量産EVの発売を2019年に予定しており、2019年初頭に受注を開始する予定です。

Honda Power Manager Concept

太陽光などの再生可能エネルギーや燃料電池車によって発電した電気と、系統電力をやり取りして、家庭・EV向けに必要に応じた充放電を行う、パワーコンディショナーのコンセプトモデル。
Hondaは英国のエネルギーマネジメントコンソーシアム「EV-elocity(イーブィロシティー)※5」に参加し、EV-elocityが英国各地で実施予定のVehicle to Grid(V2G)の実証実験に、Honda Power Manager Conceptを提供します。

Honda Urban EV Concept

Honda Urban EV Concept

Honda Power Manager Concept

Honda Power Manager Concept

  • ※1Intelligent Multi‐Mode Drive(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)の略
  • ※2Honda調べ(2017年4月時点)
  • ※3欧州仕様車で実施。Honda測定値
  • ※4先代シビック TYPE Rのラップタイム7分50秒63(Honda測定値)を、6秒83更新
  • ※5EVのエネルギーストレージを活用し、効率的な再生可能エネルギーの活用を行うための、新たなビジネスモデル構築を目指すプロジェクト