MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2017年09月25日

フィリピンで、着脱式可搬バッテリーを使った 余剰電力活用システムの実証実験を開始

 Hondaは、着脱可能な可搬式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」(以下、モバイルパワーパック)を利用した充電ステーションユニット「Honda Mobile Power Pack Exchanger」(以下、エクスチェンジャー)を余剰電力活用システムとして、フィリピンのロンブロン島に設置し、株式会社駒井ハルテック(本社:東京都台東区 代表取締役社長:田中進 以下、駒井ハルテック)と共同で、CO2削減に向けた実証実験を今秋中に開始します。

 フィリピンを構成する小さな島々の一つであるロンブロン島は、ディーゼル発電が主なエネルギー供給源であり、高コスト、高CO2排出のエネルギーに依存しています。また、昼夜で変動する電力需要に対し、安定的な電力供給が求められています。これらの課題の解決に向け、本実証実験では、駒井ハルテックが風力発電機を設置し、クリーンエネルギーを創出します。その余剰電力を、Hondaが設置するエクスチェンジャーを通じてモバイルパワーパックに蓄電することで、効率的に電力を活用します。これらの取り組みにより、CO2削減を目指します。

 また、モバイルパワーパックは持ち運びが可能なため、電動モビリティーから家電まで、生活に必要な電気機器の電源として、いつでもどこでも、多様な用途に活用することができます。その結果、今まで電力供給ができなかった地域でも、電気のある生活を送ることが可能になります。

 今後、モバイルパワーパックを活用した電力供給システムの実用性の調査や実証実験は、他国でも展開する予定です。

 これからもHondaは、「豊かで持続可能な社会」の実現に向けて、「つくる・つかう・つながる」技術を組み合わせることによって、エネルギーの地産地消と、カーボンフリー社会実現に向けた取り組みを拡大させていきます。