MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> 企業関連ニュース> 京都大学 大学院情報学研究科と人工知能の新たな共同研究を開始

2017年04月27日

京都大学 大学院情報学研究科と人工知能の新たな共同研究を開始

 Hondaの研究開発子会社である、株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(以下、HRI-JP)は、人工知能(以下、AI)の研究を加速させるため、京都大学 大学院情報学研究科とプロジェクトチームを立ち上げ、2017年4月より新たな共同研究を開始しました。

 Hondaは創業以来、全ての人に「生活の可能性が拡がる喜び」を提供するという想いのもと、二輪車、四輪車、パワープロダクツなどの製品を通じて、世界中の一人ひとりの「移動」と「暮らし」を進化させることを目指してきました。

 こうした取り組みを進める中で、デジタルテクノロジーの進化に伴い、従来以上に幅広い領域での価値創造の可能性が拡がってきました。このような環境の変化を受け、Hondaは、これまでの「モノづくり」に加え、今までになかった新しい価値や体験を提供する「コトづくり」にもチャレンジし、人々の生活をより豊かにしていきたいと考えています。

 それを実現するための技術の一つがAIであり、Hondaは「人の感情を理解し共感できること」「人に寄り添い、共に成長していくこと」「主役である人の可能性を拡大していくこと」ができる“人と協調するAI"の開発を目指しています。

 この新たなAIの開発を加速するため、HRI-JPは京都大学 大学院情報学研究科 知能情報学専攻とプロジェクトを立ち上げ、共同研究を開始しました。このプロジェクトでは、熊田孝恒教授が代表を務め、さらに、専攻長である鹿島久嗣教授も参画し、“人と協調するAI"が広く社会に受け入れられ、活用されるためのコンセプトの確立を目指します。

 Hondaは、将来、そのAIを搭載したモビリティやロボットが、信頼できる家族のようになり、生活の一部として人に役立つ社会を描いています。これからも全ての人に「生活の可能性が拡がる喜び」を提供し続けるため、多くのイノベーション創出に尽力していきます。

京都大学 大学院情報学研究科 知能情報学専攻 熊田孝恒教授のコメント

「Hondaの創造性や技術力、HRIの研究開発力に大いに期待をしています。AIの新しいコンセプトを作り出し、世の中に発信していくことは、我々、アカデミアの人間にとっても大変に魅力的です。また、この機会に、新しい産学連携のあり方も模索できればと考えています」

株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン 代表取締役社長 辻野広司のコメント

「京都大学 大学院の知能情報学専攻は、人間の情報処理の解明から、理論構築、知能情報処理にわたるトップクラスの研究者を擁しており、HRIは長年にわたり、共同で研究を行ってきました。このたび始まるプロジェクトを通じて、新たな知能研究を提案していきたいと思います」

【京都大学 概要】

設立: 1897年6月
所在地: 京都市左京区
総長: 山極 壽一

【株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン 概要】

設立: 2003年1月
所在地: 埼玉県和光市
代表者: 代表取締役社長 辻野 広司
出資比率: 株式会社本田技術研究所 100%
ニュースリリーストップへ
ページトップ