MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2017年09月11日

「トニー・ボウ」トライアル世界選手権で11連覇を達成

 2017 FIMトライアル世界選手権シリーズ第7戦チェコGP(9月10日開催)において、株式会社ホンダ・レーシング(以下HRC)の契約ライダーで、ワークスチームであるレプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のトニー・ボウが2位でゴールし、シリーズチャンピオンを決定するとともに、前人未到の11連覇を達成しました。

トニー・ボウとチームメンバー(チェコGP)

トニー・ボウとチームメンバー(チェコGP)

 トニー・ボウは、2007年にHRCのワークスマシン「Montesa COTA 4RT」で初の世界チャンピオンを獲得して以来連覇を重ね、人工セクションを走破する屋内競技であるXトライアル世界選手権の2017年シーズンでも11年連続のチャンピオンに輝いています。
 今シーズンは、第7戦チェコGP終了時点で、決勝9レース中優勝7回、2位1回、3位1回と圧倒的な強さを発揮。最終戦のイタリアGP(9月17日開催)を待たずにシリーズチャンピオンを決定しました。

  • FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
トニー・ボウの走り(チェコGP)

トニー・ボウの走り(チェコGP)

トニー・ボウのコメント

「今日は序盤から難しい戦いとなり、勝利を目指して挑みましたが、一歩及びませんでした。しかし、今大会での目標はタイトル獲得を決めることだったので、とてもうれしいです。今回のような路面の濡れた環境は、私にとってもマシンにとっても得意とは言えませんが、表彰台を目指して懸命に戦いました。今シーズンはとてもいい戦いができ、初戦のスペインでの勝利と続く日本でのダブルウインで、ライバルのアダム・ラガ選手との差を広げられたことが大きかったです。そして、米国での2連勝によってタイトルを決定的なものにすることができました。チームと関係者、そしてファンの皆さんに感謝いたします」

株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋のコメント

「トニー・ボウ選手の栄誉を称えるとともに、チームスタッフ、そしてレース活動を支えてくれた多くのスポンサーと、世界中のトライアルファンに感謝いたします。昨年の10連覇達成に続き、さらに連覇を重ねるために、ボウ選手とチームがこれまで以上に努力した賜物と思います。今後もホンダ・レーシングは、モータースポーツファンと感動を共有できるレース活動を目指し、取り組んでまいります」

トニー・ボウのプロフィール

生年月日

1986年10月17日

出身地

スペイン

主な戦績

2003年

トライアル世界選手権にデビュー

2007年

REPSOL MONTESA HRCに移籍し、初めて世界チャンピオンを獲得
同時に、Xトライアル世界選手権シリーズチャンピオンも初獲得

2008年~2017年

トライアル世界選手権およびXトライアル世界選手権の両シリーズでチャンピオンを獲得

Montesa COTA 4RTの概要

エンジン形式

水冷・4ストローク・OHC・単気筒

フレーム形式

アルミ製ツインチューブ

タイヤ

前:21インチ 後:18インチ