MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2016年10月21日

パキスタンで四輪車生産累計30万台を達成

Hondaのパキスタンにおける合弁会社であるホンダアトラスカーズ(パキスタン)・リミテッド(Honda Atlas Cars (Pakistan) Limited.本社 ラホール市、社長 石山 登一)は、現地時間2016年10月21日(金)6時00分(日本時間 10時00分)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

 Hondaのパキスタンにおける合弁会社であるホンダアトラスカーズ(パキスタン)・リミテッド(以下、HACPL)は、四輪車の生産累計台数が30万台に達したことを記念し、10月20日、ラホール市にある四輪車工場で記念式典を行いました。式典の中では、記念すべき30万台目のモデルとして、7月にフルモデルチェンジが行われた「CIVIC(シビック)」のラインオフが行われました。

HACPL

 式典には、Hondaから、代表取締役社長 社長執行役員の八郷 隆弘、執行役員でアジア・大洋州本部長の安部 典明、HACPL社長の石山 登一が、またパートナー会社のアトラスグループから、会長のアーミル・H・シラジ氏が出席したほか、HACPLの従業員約1,600名が出席しました。

 HACPLは1994年5月にシビックの生産から四輪車事業を開始し、1997年には「CITY(シティ)」の生産を開始しました。2005年12月に生産累計台数10万台を達成し、7年後の2012年7月には生産累計台数20万台を達成しました。今回の生産累計台数30万台は、その後4年で達成した新たな節目であるとともに、パキスタンのお客様からの長年にわたる信頼の積み重ねを表すものです。

 HACPLは常にお客様の期待を超える製品をお届けし、パキスタン経済の発展に貢献することを目標としています。この目標に向けて、設立から22年以上にわたり、お客様の要望に応える性能と装備を備えた高品質な四輪車製品を生産してきました。また、HACPLは四輪車製品だけでなく、社会貢献活動にも力を入れて取り組んでいます。

 これらの活動を通して、Hondaは今後も、パキスタンのお客様から存在を期待される企業であり続けるとともに、パキスタンの自動車産業の発展に貢献すべく、長期的な事業活動を行っていきます。

Honda代表取締役社長 社長執行役員 八郷 隆弘のコメント

「HACPLはこれまで22年以上にわたって、お客様の期待に応える高品質な製品をお届けし、パキスタンの自動車産業に貢献すべく努力を重ねてきました。『買う喜び』をお客様に提供できたことを大変誇りに思うとともに、長きにわたりご支持いただいたすべてのお客様にお礼を申し上げます。」

パキスタンにおける四輪車生産の歴史

1994年5月

四輪車の生産を開始

2003年9月

生産累計5万台を達成

2005年12月

生産累計10万台を達成

2006年12月

年間生産能力を5万台に拡大

2012年7月

生産累計20万台を達成

2016年10月

生産累計30万台を達成

ホンダアトラスカーズ(パキスタン)・リミテッド<Honda Atlas Cars (Pakistan) Limited.>概要

設立

1992年11月

所在地

パキスタン ラホール市マンガマンディ

代表者

石山 登一

資本金

14億2800万パキスタンルピー

出資比率

Hondaグループ合計 51%、アトラスグループ 30%、一般株主 19%

事業内容

四輪車の生産・販売

生産能力

5万台/年

従業員数

約1,600名

生産車種

  • シティ
  • シビック