MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> 企業関連ニュース> 「HondaJetの開発」が第45回日本産業技術大賞 内閣総理大臣賞を受賞

2016年04月06日

「HondaJetの開発」が第45回日本産業技術大賞 内閣総理大臣賞を受賞

 Hondaは「HondaJetの開発」で第45回日本産業技術大賞※1(主催:株式会社日刊工業新聞社)の内閣総理大臣賞を受賞しました。本日、ホテルグランドパレス(東京都千代田区)にて贈賞式が行われ、HondaJetの開発責任者であり、ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company、本社:米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市、以下HACI)社長の藤野道格(ふじの みちまさ)が出席しました。

 1997年に小型ビジネスジェット機HondaJetのコンセプトを発案し、基礎研究をスタートさせてから、2003年の技術実証機の初飛行成功を経て、2014年に量産を開始。2015年12月には米国連邦航空局(Federal Aviation Administration、以下FAA)より型式証明を取得し、引き渡しを開始しました。主翼上面エンジン配置※2など独自開発技術を採用したHondaJetは、他の同クラスのビジネスジェット機と比較して飛行速度や燃費性能、室内空間の広さなどでクラス最高の値※3を実現させており、お客様から高い評価をいただいています。

 今回の受賞は技術の独創性にとどまらず、日本企業のHondaが新規の航空機機体メーカーとしてビジネスジェット機の開発に取り組み、審査基準の厳格なFAAの型式証明を取得したインパクトは大きく、今後の航空機産業への貢献が期待できるという点が、同賞審査委員会より高く評価されたものです。

 贈賞式に出席したHACI社長の藤野道格は、「HondaJetがこのような栄えある賞をいただき光栄に思います。Hondaがこれから世界の航空機産業に貢献していけるように、今後も努力していきたいと思います」とコメントしました。

  • ※11972年に創設された表彰制度で、その年に実用化された革新的な大型産業設備・構造物や、先端技術の開発、実用化で顕著な成果をあげた企業・グループを表彰し、産業界や社会の発展に貢献した成果をたたえるとともに、技術開発を奨励することを目的としている
  • ※2従来のほとんどのビジネスジェットはエンジンを胴体後部に搭載するのに対し、HondaJetでは主翼上面に配置。空力的にも大きな効果を得る最適な位置と形状を備えたユニークな形態で、胴体後部のエンジン支持構造が不要となり内部スペースを最大限に利用できるため、広い客席と大きな荷物室が実現可能
  • ※3Honda調べ
第45回日本産業技術大賞 贈賞式

第45回日本産業技術大賞 贈賞式

ニュースリリーストップへ
ページトップ