MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 2016年パリモーターショーで新型「CIVIC(シビック) ハッチバック」および「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」プロトタイプモデルを公開

2016年09月29日

2016年パリモーターショーで新型「CIVIC(シビック) ハッチバック」および「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」プロトタイプモデルを公開

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:井上 勝史)は、現地時間2016年9月29日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaは、パリモーターショー(プレスデー:2016年9月29日〜30日、一般公開日:10月1日〜16日)にて、「シビック」シリーズの5ドアモデルである新型「CIVIC(シビック) ハッチバック」を公開しました。
 ダイナミックなスタイリングが特徴のシビック ハッチバックは、欧州向けに1.0L直噴VTEC TURBOエンジンや1.5L直噴VTEC TURBOエンジン搭載車の販売を2017年初頭より開始し、その後1.6L i-DTECディーゼルエンジンがラインアップに加わります。
 さらに、「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」プロトタイプモデルを2017年後半に予定している欧州での発売に先駆けて世界初公開しました。今回のプロトタイプモデルは、「シビック」ファミリーとして10代目「シビック」シリーズのセダン、クーペ、ハッチバックとともに開発され、これらのグローバルモデルと共通のプラットフォームを使用した新型車となります。現行シビック TYPE Rの特徴的なロー&ワイドなスタイリングをベースに、さらにアグレッシブで精悍さが際立つデザインを実現しました。
 なお、シビック TYPE Rは、シビック ハッチバックとともに、ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド<Honda of the UK Manufacturing. Ltd.(HUM)>で生産され、今後は欧州での販売のみならず、北米などへの輸出も予定しています。
 同時に発表された4ドアモデル「シビック セダン」は、ホンダターキー・エー・エス<Honda Turkiye A.S.>で生産し、2017年より欧州向けに販売を開始する予定です。空力特性を活かしたスポーティーなデザインに加え、優れた燃費性能の1.5L直噴VTEC TURBOエンジンにより、パワフルで快適なドライビングをもたらします。

新型シビック TYPE R プロトタイプモデル

新型シビック TYPE R プロトタイプモデル

新型シビック ハッチバック

新型シビック ハッチバック

【主な出展モデル】

「シビック ハッチバック」

ダイナミックなエクステリアデザイン

  • 現行モデルに対して、全幅を30mm拡大し、全高は20mm下げ、ロー&ワイドなスタンスで、スポーティーかつダイナミックなデザインとしました
  • フロントデザインは、大型のエアインテーク、ヘッドライトにはグレードごとにLEDを採用するなど、Hondaのデザインを象徴するシャープなスタイリングとなっています

世界No.1のコンパクトカーを追求し開発された新設計のプラットフォーム

  • ボディーのねじり剛性を52%高める一方で、軽量化も実現しました
  • 「液封コンプライアンスブッシュ」などを採用したフロントストラットサスペンションとリアマルチリンクサスペンションにより、優れたハンドリング性能と快適な乗り心地を両立しました

クラストップレベルの燃費性能と高い運動性能を両立したエンジンラインアップ

  • 欧州で初搭載となる1.0L直噴VTEC TURBOエンジンと1.5L直噴VTEC TURBOエンジンには6速マニュアルトランスミッションとCVTを採用。さらに1.6L i-DTECディーゼルエンジンも設定し、3つのエンジンラインアップとしています

クラストップレベルの室内空間

  • 広々とした室内空間としながら、スポーティーに操れる低重心のドライビングポジションを実現
  • 広い開口部を備え、容量も増えた、クラストップレベルの478Lのトランクスペースにより、さらに実用性を高めました
  • コンパクトなダッシュボードと見通しの良いボンネットにより、高い視認性のドライビングポジションを確保

充実の快適装備

  • 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を採用し、ドライバーにより高い安心と快適を提供しています
  • LED照明、多くの収納スペースを設置したセンターコンソール、スマートフォンと連動する新機能も追加したナビゲーションシステム「Honda Connect」など、室内においても使い勝手を向上させました

「シビック TYPE R」プロトタイプ

アグレッシブなエクステリアデザイン

  • 5ドアモデルをベースとし、フロントは大開口のフロントバンパーやボンネット部にエアベント(空気排気口)などを採用し、随所に空力性能を高める工夫を施しています
  • リアバンパーにはディフューザーを備え、3本出しセンターマフラーを採用することで、独創的なデザインとしています
  • 新たに20インチアルミホイールを装備し、パフォーマンスの向上に寄与しています

※ Honda調べ Cセグメント(2016年9月時点)

ニュースリリーストップへ
ページトップ