MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 小型水素ステーション向け「差圧式電解方式による高圧水素製造システムの発明」で「平成28年度全国発明表彰 日本商工会議所会頭賞」を受賞

2016年06月15日

小型水素ステーション向け「差圧式電解方式による高圧水素製造システムの発明」で「平成28年度全国発明表彰 日本商工会議所会頭賞」を受賞

 Hondaの技術者が、小型水素ステーション向け「差圧式電解方式による高圧水素製造システムの発明」の業績に関して、「平成28年度全国発明表彰 日本商工会議所会頭賞」を受賞すると同時に、Hondaとしても同表彰の「発明実施功績賞」を受賞しました。

 全国発明表彰は、公益社団法人 発明協会が日本の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に、独創性に富む優れた発明を完成させ、実施化および指導、奨励、育成に貢献した個人または団体を称えるために開催しています。

 今回受賞した技術、技術者および受賞理由は次の通りです。
 なお、表彰式は6月15日(水)15時10分よりホテルオークラ東京(東京都港区)にて行われます。

●日本商工会議所会頭賞

・受賞者 岡部 昌規(おかべ まさのり) 株式会社本田技術研究所    四輪R&Dセンター
  中沢 孝治(なかざわ こうじ) 株式会社本田技術研究所    四輪R&Dセンター
  樽家 憲司(たるや けんじ) 株式会社本田技術研究所    四輪R&Dセンター
・受賞業績 「差圧式電解方式による高圧水素製造システムの発明」
・業績の概要  

 本発明の差圧式電解方式による高圧水素製造システムは、燃料電池自動車に水素を充填可能とする小型高圧水素製造供給装置である。高圧水素製造技術である差圧式高圧水電解セルは、高強度多孔質体を用いた電解質膜サポート構造で35MPaのセル耐圧性を具現化した。また、高圧水素供給装置としての差圧式高圧水電解システムにより、水の電気分解だけで生成した35MPa高圧水素を燃料電池自動車へ充填可能とした。
 本発明により、従来型の機械式コンプレッサーを用いた小型水素供給装置に比較して水素昇圧に必要なエネルギーロスが約4分の1に低減、システムの小型化も達成され、高効率で静寂な小型水素ステーションを製作できた。
 本成果は、小型分散型の再生可能エネルギーを由来とする水素ステーションの設置を可能とした。この新規高圧水素製造技術を適用した小型水素ステーションは「スマート水素ステーション」として国内設置が進められており、水素社会の実現に向け寄与している。

  • 公益社団法人 発明協会にて発表された受賞理由を引用

●発明実施功績賞

・受賞者 八郷 隆弘(はちごう たかひろ) 本田技研工業株式会社 代表取締役社長 社長執行役員
・受賞業績 「差圧式電解方式による高圧水素製造システムの発明」

平成28年度全国発明表彰 表彰式について
日時:    6月15日(水) 15:10〜
場所:    ホテルオークラ東京(東京都港区虎ノ門2-10-4)

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ