MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 米国で新型「NSX」量産第一号車を納車

2016年05月25日

米国で新型「NSX」量産第一号車を納車

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2016年5月24日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Acuraは、新型「NSX」北米仕様車の量産第一号車をラインオフし、お客様に納車しました。

 第一号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたBarrett-Jackson※1のチャリティーオークションにおいて、120万USドルでその権利を落札したリック・ヘンドリック氏です。落札金額は、米国の2つのチャリティー団体※2に寄付されました。

 新型NSXの量産は、専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(以下、PMC)」で行われ、北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次始まります。

第一号車のオーナー リック・ヘンドリック氏のコメント
「この素晴らしい新型NSXの第一号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」

PMC NSX生産プロジェクトリーダー クレメント・ズソーザのコメント
「今日は、我々PMCにとって大きな夢が実現した日であり、このオハイオで30年以上にわたり培ってきた生産技術や知見の集大成となる日です。NSXのデザインや生産においては、熟練したスキルを持つエキスパートたちが集まり、高いクラフトマンシップによる大きなイノベーションを実現しています」

アメリカン・ホンダモーター副社長 アキュラ担当役員 ジョン・イケダのコメント
「新型NSXはAcuraのDNAをまさに体現するモデルです。この夢の商品を他のお客様にも早くお届けしたいと思っており、これを契機として今後もさらにAcuraを発展させていきます」

  • ※1Barrett-Jacksonは、1971年創設のアリゾナ州に本拠地を置くカー・コレクター向けオークション
    ウェブサイト:http://www.barrett-jackson.com
  • ※2Pediatric Brain Tumor Foundation(小児脳腫瘍患者を支援する非営利団体。ウェブサイトhttp://www.curethekids.org)と、Camp Southern Ground(カントリーバンド「Zac Brown Band」のボーカルであるZac Brown氏が主宰する非営利団体。キャンプ体験を通して子供たちの成長や自立を支援する。ウェブサイトhttp://www.campsouthernground.org)
量産第一号車をヘンドリック氏に納車

量産第一号車をヘンドリック氏に納車

ニュースリリーストップへ
ページトップ