MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2015年04月28日

2014年度第4四半期および当年度(12ヵ月通算)連結決算の概況

2014年度第4四半期連結会計期間(2015年1月1日から2015年3月31日までの3ヵ月間)の営業利益は、アジアにおける好調な販売、円安による為替影響などの増益要因はあったものの、品質関連費用を含む販管費の増加、および日本における四輪車の売上台数の減少などにより、前年同期にくらべ59.4%減の671億円となりました。

当年度(2014年4月1日から2015年3月31日までの12ヵ月間)の営業利益は、アジアにおける好調な販売、コストダウン効果、為替影響などはあったものの、品質関連費用を含む販管費の増加、日本における四輪車の売上台数の減少などにより、前年度にくらべ19.1%減の6,068億円となりました。また、当期純利益※1は、前年度にくらべ14.1%減の4,930億円となりました。

配当金については、期末配当金を前年同期と同じ1株当たり22円とする予定で、年間配当金は1株当たり6円増配の88円とする予定です。なお、期末配当金については、株主総会の決議事項となります。

第4四半期連結会計期間の実績

単位:万台、億円) 前第4四半期
連結会計期間
(3ヵ月間)
当第4四半期
連結会計期間
(3ヵ月間)
増減
Honda
グループ
販売台数※2
二輪事業※4 450.0 461.5 +11.5
四輪事業※5 119.5 120.4 +0.9
汎用パワープロダクツ事業 199.0 205.7 +6.7
連結
売上台数※3
二輪事業※4 273.0 277.9 +4.9
四輪事業※5 93.3 91.5 -1.8
汎用パワープロダクツ事業 199.0 205.7 +6.7
損益状況 売上高 30,972 33,537 +2,564
営業利益 1,652 671 -981
税引前利益 1,747 720 -1,026
関連会社持分利益 373 366 -7
四半期純利益※1 1,705 680 -1,024
四半期配当金 22円 22円 -
為替レート 米ドル 103円 119円 16円円安
ユーロ 141円 134円 7円円高

2014年度(2015年3月期)通期連結業績の実績

(単位:万台、億円) 13年度
実績
14年度
前回見通し
(2015/1/30)
14年度
実績
対13年度
増減
対前回見通し
増減
Honda
グループ
販売台数※2
二輪事業※4 1,702.1 1,781.5 1,776.5 +74.4 -5.0
四輪事業※5 432.3 445.0 436.4 +4.1 -8.6
汎用パワープロダクツ事業 603.6 612.0 600.1 -3.5 -11.9
連結
売上台数※3
二輪事業※4 1,034.3 1,079.0 1,074.2 +39.9 -4.8
四輪事業※5 356.0 365.0 356.7 +0.7 -8.3
汎用パワープロダクツ事業 603.6 612.0 600.1 -3.5 -11.9
損益状況 売上高 118,424 129,000 126,467 +8,042 -2,533
営業利益 7,502 7,200 6,068 -1,434 -1,132
税引前利益 7,289 7,450 6,448 -841 -1,002
関連会社持分利益 1,324 1,200 1,265 -59 +65
当期純利益※1 5,741 5,450 4,930 -811 -520
年間配当金 82円 88円 88円 6円増配 -
為替レート 米ドル 100円 109円 110円 10円円安 1円円安
ユーロ 136円 138円 139円 3円円安 1円円安

2015年度(2016年3月期)通期連結業績の見通し

 2014年度の有価証券報告書(金融庁に提出)およびForm 20-F(米国証券取引委員会に提出)における連結財務諸表から、国際会計基準(以下、IFRS)を任意適用します。このため、2015年度の連結業績予想はIFRSに基づいた業績見通しです。

 2015年度(2015年4月1日から2016年3月31日までの12ヵ月間)の連結業績見通しは、以下のとおりです。

 (単位:万台、億円) 14年度実績
(米国会計基準)
15年度見通し
(IFRS)
参考値
15年度見通し
(米国会計基準)
増減
対14年度
Honda
グループ
販売台数※2
二輪事業※4 1,776.5 1,822.5 1,809.5 +33.0
四輪事業※5 436.4 471.5 465.5 +29.1
汎用パワープロダクツ事業 600.1 636.0 635.0 +34.9
連結
売上台数※3
二輪事業※4 1,074.2 1,107.5 1,108.0 +33.8
四輪事業※5 356.7 371.5 375.0 +18.3
汎用パワープロダクツ事業 600.1 636.0 635.0 +34.9
損益状況 売上収益※6 126,467 145,000 138,500 +12,032
営業利益 6,068 6,850 6,600 +531
持分法による投資利益※7 - 1,350 - -
税引前利益 6,448 8,050 6,500 +51
関連会社持分利益 1,265 - 1,400 +134
当期利益※8 4,930 5,250 5,250 +319
年間配当金 88円 88円 88円 -
為替レート 米ドル 110円 115円 115円 5円円安
ユーロ 139円 125円 125円 14円円高
  • ※1米国会計基準における当社株主に帰属する四半期(当期)純利益のことを示します
  • ※2Hondaグループ販売台数は、当社および連結子会社、ならびに持分法適用会社の完成車(二輪車・ATV・四輪車・汎用パワープロダクツ)販売台数です
  • ※3連結売上台数は、連結売上高に対応する完成車(二輪車・ATV・四輪車・汎用パワープロダクツ)販売台数であり、当社および連結子会社の完成車販売台数です
  • ※4二輪事業に含まれているATVの販売台数は、前第4四半期連結会計期間および当第4四半期連結会計期間において、それぞれ3.8万台、3.8万台、前年度および当年度において、それぞれ12.0万台、13.1万台です
  • ※5当社の日本の金融子会社が提供する残価設定型クレジットが、米国会計基準およびIFRSにおいてオペレーティング・リースに該当する場合、当該金融サービスを活用して連結子会社を通して販売された四輪車は、四輪事業の外部顧客への売上高に計上されないため、連結売上台数には含めていませんが、Hondaグループ販売台数においては、四輪事業に含めています
  • ※6米国会計基準における「売上高」を「売上収益」として表示しています
  • ※7米国会計基準における「関連会社持分利益」をIFRSでは「持分法による投資利益」として「税引前利益」に含めて表示しています
  • ※8米国会計基準における「当社株主に帰属する当期純利益」、IFRSにおける「親会社の所有者に帰属する当期利益」

修正後発事象に係る2014年度決算について

2015年4月28日に公表いたしました2014年度第4四半期および当年度(12ヵ月通算)連結決算の概況について、
修正後発事象を反映しました。
2015年6月12日にお知らせしましたとおり、当社および連結子会社は、エアバッグインフレーターに関連したリコールおよびSIC*等の市場措置を実施していますが、2015年5月以降のお取引様とNHTSA(米国運輸省道路交通安全局)との合意内容に基づいた市場措置の拡大などにより、品質関連費用に関する見積もりに変更が生じましたので、
修正後発事象として反映いたしました。修正箇所は下線で表示しています。

  • *SIC:北米地域におけるセーフティ インプルーブメント キャンペーン、日本における全数回収調査 等

 詳細については、Honda投資家情報サイトをご参照ください。
 http://www.honda.co.jp/investors/library/financialresult/