MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> インドネシア国際モーターショー2015に新型クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」プロトタイプを出展

2015年06月30日

インドネシア国際モーターショー2015に新型クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」プロトタイプを出展

Hondaのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(本社:ジャカルタ 社長:内田 知樹)は、2015年6月29日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

Hondaのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(以下HPM)は、インドネシア・タンゲランで8月20日(木)から30日(日)まで開催される「インドネシア国際モーターショー2015」に、世界初公開となる新型クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」プロトタイプを出展します。

BR-Vは、Hondaの新世代クロスオーバーユーティリティビークルとしてインドネシア市場に導入されます。
余裕のある最低地上高や、大径アルミホイール、スタイリッシュなルーフレールによって、力強いエクステリアデザインとするとともに、3列シート7人乗りの快適で広々とした室内空間を確保。さらに、1.5Lガソリンエンジンと先進のトランスミッションを搭載することで、スポーティーな走行性能と優れた燃費性能を両立しています。

HPM社長 内田 知樹は、「このモデルは、インドネシアのお客様ニーズに基づき、タイとインドネシアの研究所で開発されました。その魅力的なデザインと価値により、インドネシアのお客様に愛されることを確信しています」とコメントしました。

  • BR-VはBold Runabout Vehicleの略
BR-Vプロトタイプ デザインスケッチ フロント

BR-Vプロトタイプ デザインスケッチ フロント

BR-Vプロトタイプ デザインスケッチ リア

BR-Vプロトタイプ デザインスケッチ リア

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ