MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2014年12月11日

インドネシアで二輪車工場の能力拡大を発表

 Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター(以下、AHJ 社長:井沼 俊之)は、経済成長を続けるインドネシアにおいて、お客様の志向や価値観の多様化とともに拡大している、高付加価値商品であるスポーツバイクの需要に対応する安定供給を実現するため、AHJのカラワン工場(第4工場)の年間生産能力を50万台拡大し、スポーツバイクを専用に生産することを決定しました。

 この能力拡大により、既存の工場と合わせたAHJの年間生産能力は580万台となります。ジャカルタ中心部から東に約70kmにあるブキットインダ工業団地で今年5月に稼働したカラワン工場の生産能力を年間110万台から50万台増強した年間160万台とし、2015年中の稼働開始を予定しています。工場への投資額は1兆9,000億ルピア(約169億円)で、新たに約1,500名の従業員を採用する予定です。新設となる生産ラインは、最新技術投入による要員効率最大化、高品質・高品位製品の実現、さらに将来のスポーツバイク市場の拡大を視野に拡張可能なレイアウトとしています。また、環境面では、CO2排出量の削減や自然エネルギーの活用による省エネ化を図り、従業員・地域社会・自然環境に優しい低炭素工場を目指していきます。

 インドネシアの二輪車市場はインド、中国に次ぐ世界第3位の巨大市場であり、さらなる需要拡大が見込まれています。2014年の二輪車販売台数の合計は約800万台に迫る見通しで、AHJの2014年の販売は、過去最高を大幅に更新する500万台を超える見通しです。
Hondaは、多様化するお客様のニーズに応えるため、「良いものを、早く、安く、低炭素で」提供し、今後もお客様のご期待に応えてまいります。

  •  1ルピア=0.0089円換算

ピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター/PT Astra Honda Motor 概要

設立

2000年12月

稼働開始

2001年1月

本社所在地

インドネシア ジャカルタ市

資本金

1,850億ルピア(16.5億円)

出資比率

本田技研工業(株) 50%
ピー・ティ・アストラインターナショナル 50%

代表者

社長 井沼 俊之(いぬま としゆき)

事業内容

  • 二輪車の部品製造
  • エンジン・車体組立および卸販売

生産能力

530万台/年(スンタ工場100万台/プガンサン工場100万台/
チカラン工場220万台/カラワン工場110万台)

従業員数

約2万2,000人(2014年10月末時点)

生産機種

  • Revo
  • Blade
  • SupraX
  • SupraX Helm-in
  • Verza
  • Mega Pro
  • CB150R
  • CBR150R
  • BeAT
  • Spacy
  • Scoopy
  • Vario110
  • VarioTechno 125

販売店数

1,817店(2014年10月末時点)