MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2014年03月21日

米国での四輪車生産が累計2,000万台を達成

〜1,000万台目の米国製Hondaアコードをオハイオ州メアリズビル工場で生産〜

Hondaの米国現地法人であるホンダノースアメリカ・インコーポレーテッド(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:岩村 哲夫)は、現地時間2014年3月20日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
 Hondaの米国内の四輪車生産工場の第一号であるオハイオ州メアリズビル四輪車生産工場は、本日、1,000万台目の米国製アコードのラインオフを迎えました。また、米国内にある4つのHonda四輪車工場は、米国での四輪車生産累計2,000万台を達成しました。これらの累計生産台数の達成には、Hondaの米国製乗用車およびトラックにパワートレインを供給するHondaの米国内にある2つのエンジン工場と、2つのトランスミッション工場も貢献しています。

 メアリズビル四輪車生産工場は、1982年11月1日に、1台目の米国製「アコード」が生産された工場であると同時に、Hondaが日本の自動車メーカーとして初めて米国での現地生産を開始した工場でもあります。その後、Hondaはオハイオ州イーストリバティ、アラバマ州リンカーン、インディアナ州グリーンズバーグに生産拠点を拡大しました。

 現在、これらの工場では乗用車4車種とライトトラック7車種の計11車種を生産しています。さらに、米国5番目の四輪車生産工場となるパフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターの建設が現在オハイオ州メアリズビルで進められており、2015年以降、世界で唯一の次世代「NSX(Acura NSX)」の生産拠点となります。

 2013年のHondaの米国内における四輪車生産台数は、それまで最多であった2012年の生産台数をさらに7.4%上回り、過去最多記録を更新する130万9,917台でした。Hondaの米国における現地生産は、米国内533社のサプライヤー企業に支えられており、Hondaの2013年の部品購入総額は230億USドルを超えました。

 メアリズビル四輪車生産工場は、1982年以来、約32年間にわたってアコードの生産を続けており、米国で販売されるアコードのほぼすべてを生産。さらにその一部を米国外の市場に供給してきました。現在メアリズビル工場では、「アコードセダン」、「アコードクーペ」、「アコード・ハイブリッド」が生産されています。なお、アコードは過去にイーストリバティ四輪車生産工場で4年間、ホンダマニュファクチュアリングオブアラバマ・エル・エル・シーで2年間生産されました。

 Hondaの米国内にある4つの四輪車生産工場は、アラバマ州リンカーンおよびオハイオ州アンナのエンジン生産工場、オハイオ州ラッセルズポイントおよびジョージア州タラプーサのトランスミッション生産工場に支えられています。これらのパワートレイン工場は、これまでに累計で2,377万基の四輪車用エンジンと1,864万基のトランスミッションを米国内で生産してきました。なお、2013年に米国内で販売されたHondaおよびAcura車の約95%が北米内で生産されました。
Hondaは過去3年間で、米国内の四輪車生産工場に約16億USドルを投資し、生産能力拡大および製品や生産システムへの最新技術の導入を行っています。

ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッド取締役社長兼北米地域四輪生産統括責任者 岩田 秀信のコメント

「私たちが累計生産2,000万台を達成できたのは、2,000万人のお客様が私たちの製品に信頼を寄せていただいた結果であることを深く認識しており、この約30年間にわたるお客様のご支援に感謝申し上げます。また、お客様のために最高品質の製品を生産し続けてきた米国内の何万人ものHonda従業員および何百ものサプライヤー様のコミットメントを高く評価したいと思います」

Hondaの米国内における四輪車生産

ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング(Honda of America Mfg.)

メアリズビル

1,140万台(1982年生産開始)

イーストリバティ

475万台(1989年生産開始)

ホンダマニュファクチュアリングオブアラバマ・エル・エル・シー(Honda Manufacturing of Alabama)

310万台(2001年生産開始)

ホンダマニュファクチュアリングオブインディアナ・エル・エル・シー(Honda Manufacturing of Indiana)

75万台(2008年生産開始)

Hondaの米国内四輪生産累計台数

2,000万台