MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2014年02月24日

インド、ラジャスタン州タプカラの四輪完成車工場で生産を開始 

〜450エーカーの敷地内に年間生産能力12万台の完成車工場〜

Hondaのインドにおける四輪車生産販売会社であるホンダカーズインディア・リミテッド(本社:ウッタルプラディッシュ州グレーターノイダ 社長:金山 裕則)は、2014年2月24日に以下を発表しましたので、ご案内いたします。

<ご参考>
 ホンダカーズインディア・リミテッド(以下、HCIL)は、ラジャスタン州アルワル地区タプカラ工場の四輪完成車組立ラインでの生産を開始しました。生産開始の記念式典には、ラジャスタン州首相のバシュンダラ・ラージェ(Vasundhara Raje)氏、ラジャスタン州政府高官および関係者を来賓としてお招きし、Hondaからは担当役員などが出席しました。

 新工場は、ラジャスタン州で初となる四輪車生産工場です。450エーカーの敷地内に、鍛造、プレス成型、パワートレイン部品、溶接、塗装、樹脂成型、エンジン組立、フレーム組立の各工場およびエンジンテスト設備といった機能を一体化し、Hondaの世界の生産拠点で蓄積されたノウハウを集めた生産工場です。本工場では、高品質とエルゴノミクス(人間工学)の観点からの最適化、生産効率および作業の安全性の向上を達成すべく、オートメーションの最適化、最新設備の導入、レイアウトの最適化が行われています。また、環境保護およびエネルギーの有効活用にも注力しています。

 新工場の年間生産能力は12万台で、既存工場と合わせたHCILの完成車年間生産能力は24万台となりました。新工場では「ホンダ アメイズ(Honda Amaze)」の生産を開始しました。HCILは2013年4月から2014年1月までの9ヵ月間で、前年同期比で業界最高の78%増の10万1,370台を販売しており、2013年度の年間販売台数はHCILとして初めて10万台を超えました。

 新工場への投資額は約352億6,000万ルピー(約578億円)、稼働時の従業員数は約3,200名です。

常務執行役員 アジア・大洋州生産統括責任者 松本 宜之のコメント

「Hondaがラジャスタン州へ進出するにあたり、州政府による多大なサポートに感謝いたします。インドはHondaにとって重要な市場です。タプカラ工場での完成車生産の開始に伴い、Hondaのインド国内での事業を拡大すべく、さらに強化してまいります。また、Hondaの製品および事業を通して『存在を期待される企業』を目指してまいります」

ホンダカーズインディア・リミテッド 社長 金山 裕則のコメント

「新工場で完成車生産を開始したことはHCILにとって重要な節目となります。多くのお客様にご支持をいただいているホンダ アメイズ(Honda Amaze)や新型『シティ(City)』などの現行モデルに加え将来の商品ラインナップで、インドのお客様のHonda車に対する強い需要にお応えしてまいります」

  • 1ルピー=1.64円換算

タプカラ工場概要

所在地

ラジャスタン州、アルワル地区、タプカラ工業地域

敷地面積

450エーカー

年間生産能力

12万台

投資額

約352億6,000万ルピー(約578億円)

ホンダカーズインディア・リミテッド(Honda Cars India Ltd.)概要

設立

1995年12月

資本金

77億ルピー

出資比率

本田技研工業株式会社 73.6%
アジアホンダモーターカンパニー・リミテッド 26.4%

代表者

社長 金山 裕則(かなやま ひろのり)

本社所在地

ウッタルプラディッシュ州 グレーターノイダ

事業内容

四輪車の製造・販売

生産車種

ブリオ、シティ、ジャズ、アコード、CR-V、ホンダ アメイズ

生産能力

24万台/年