MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 2014年北米国際自動車ショーでAcura新型「TLXプロトタイプ」を世界初披露

2014年01月15日

2014年北米国際自動車ショーでAcura新型「TLXプロトタイプ」を世界初披露

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:岩村 哲夫)は、現地時間2014年1月14日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
 Acuraは、米国ミシガン州デトロイトで開催されている2014年北米国際自動車ショー(プレスデー:2014年1月13日〜14日、一般公開日:1月18日〜26日)において、Acura新型「TLXプロトタイプ」を世界初披露しました。
 TLXプロトタイプは、現在販売している「TL」「TSX」に置き換わるミドルサイズのラグジュアリーセダンとして、しなやかで引き締まったアスリートを思わせるスポーティーなエクステリアデザインを実現しています。また、ジュエルアイ(Jewel EyeTM)LEDヘッドライトを採用し、宝石のようにキラキラと輝く特徴的なデザインと、高い視認性や広い照射範囲を両立しています。パワートレインには、新開発の2.4L直噴DOHC i-VTEC直列4気筒エンジンと、「MDX」に搭載している3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンを採用しています。トランスミッションは、2.4Lエンジンには新開発のトルクコンバーター付き8速DCT※1を、3.5Lエンジンには9速オートマチックトランスミッションをそれぞれ組み合わせ、高出力と低燃費を両立しています。また、FFモデルには「RLX」に搭載しているプレシジョン・オール・ホイール・ステア(Precision All-Wheel SteerTM)を採用し、高い旋回性と安定性を両立しています。さらに、3.5Lには従来より25%軽量化した新世代の四輪駆動力自在制御システム(SH-AWD※2)を搭載したモデルを設定します。このほか、低速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)やレーンキープアシストシステム(LKAS)などの先進安全装備に加え、次世代アキュラリンクなど、今後のAcuraを象徴する先進技術を搭載しています。
 新型TLXは米国オハイオ州で生産し、2014年半ばに米国での発売を予定しています。
 このほか、2014年のSCCA※3ワールドチャレンジ選手権に参戦予定の「TLX GTレースカー」も展示します。

  • ※1Dual Clutch Transmission(デュアル・クラッチ・トランスミッション)
  • ※2Super Handling All Wheel Drive(スーパーハンドリング・オールホイールドライブシステム)
  • ※3Sports Car Club of America
新型TLXプロトタイプ

新型TLXプロトタイプ

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ