MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 2012年北京モーターショーでHondaブランド2機種を世界初披露

2012年04月23日

2012年北京モーターショーでHondaブランド2機種を世界初披露

Hondaの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司(本社:北京 社長:倉石 誠司)は、2012年4月23日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
 中国・北京で開催中の2012年北京モーターショー(北京国際汽車展覧会、プレスデー:2012年4月23日〜24日、一般公開日:4月27日〜5月2日)において、来年発売予定の量産車のコンセプトモデル「Concept C」と「Concept S」を世界初披露しました。

Concept C
 Concept Cは、中国市場向けに開発したミドルクラスセダンのコンセプトカーです。Cには、Cool・Challenge・Chinaの意味が込められています。龍をイメージし、堂々とした個性的かつスポーティーなデザインを採用しました。商品企画は、中国人が主体となって行い、開発は中国と日本のチームが協力して行いました。このモデルをベースとした量産車を、来年、広汽本田汽車有限公司(総経理:神子柴 寿昭 以下、広汽ホンダ)より発売する予定です。

Concept C

Concept C

Concept S
 Concept Sは、中国市場をメインターゲットに開発し、中国から発売を開始する新価値乗用ムーバーのグローバルコンセプトカーです。Sには、Stylish・Smart・Surpriseの意味が込められています。このコンセプトは、ハイブリッドシステムを採用し、走りの楽しさと環境対応を両立するとともに、Honda独自のパッケージング技術により、広い室内空間を実現しました。このモデルをベースとした量産車を、来年、東風本田汽車有限公司(総経理:水野 泰秀 以下、東風ホンダ)より発売する予定です。

Concept S

Concept S

アキュラILXとRDXを今秋より発売
 アキュラブランドは、今秋より中国で発売する予定の小型セダン「ILX」と小型SUV「RDX」を、中国で初めて披露しました。また、次世代スーパースポーツ「NSX コンセプト」も初出展し、3年以内に米国へ投入後、中国においても順次投入する計画を発表しました。

ILX

ILX

RDX

RDX

NSX Concept

NSX Concept

中国自主ブランドの強化
 昨年、広汽ホンダより、中国自動車業界初の合弁会社による自主ブランド「理念」の量産モデルを発売したことに続き、東風ホンダも昨日、自主開発商品であるミドルクラスセダン「CIIMO(中国名:思銘)」を発表しました。

CIIMO

CIIMO

代表取締役社長 伊東孝紳のコメント
 「新しい技術にチャレンジし続けることにより、『こんなものが欲しかった!』とお客様に思っていただける商品を創り出していくことが、Hondaを新たな挑戦へ動かし続ける原動力となっています。これからは、この原動力を、より中国のお客様へ向け、中国のお客様に喜ばれるクルマを作っていきます。そのために、合弁会社と連携し、中国での開発・生産・調達の現地化をより進めていきます」と語りました。

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ