MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 東風ホンダ自主開発モデル「CIIMO」を発表

2012年04月23日

東風ホンダ自主開発モデル「CIIMO」を発表

Hondaの中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司(本社:武漢 総経理:水野 泰秀)は、2012年4月22日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaの中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司(以下、東風ホンダ)は、4月22日に東風ホンダ初の自主開発車「CIIMO(中国語名:思銘)」を発表しました。CIIMOは8代目「シビック」をベースに、東風ホンダ研究開発センターが中国市場向けに開発したミドルクラスセダンです。1.8LのMTとATをラインアップし、メーカー希望小売価格は11.18万元(約144万円)からとしています。中国最大の市場であるミドルクラスセダンセグメントにおいて、自主開発モデルを投入し、より中国のお客様の嗜好にあったラインアップの強化を進めていきます。

※ 1元=12.92円換算

CIIMOの主な特長
 ・全長4,545mm、全幅1,755mm、全高1,450mm、ホイールベース2,700mm
 ・1.8L i-VTECエンジンを搭載
 ・6.9L/100km(中国総合燃費モード)の優れた燃費性能
 ・EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS、ヘッドレストなど安全装備

CIIMO

CIIMO

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ