MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 第18回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展「バリアフリー2012」Honda出展概要について

2012年04月16日

第18回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展「バリアフリー2012」Honda出展概要について

<ご参考>
 Hondaは、4月19日(木)から4月21日(土)までインテックス大阪で開催される総合福祉展「バリアフリー2012」(主催:社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪)に、「N」シリーズの新型軽乗用車のコンセプトモデル「N CONCEPT_3」の車いす仕様車や、加齢などにより脚力が低下した人の歩行をサポートする「リズム歩行アシスト」などを出展します。

 N CONCEPT_3は、「ジャパン・キャンピングカーショー2012」などで公開。「N BOX」に採用している新プラットホームを核に、広い室内空間やフラットにできるシートアレンジなど、新たなパッケージングを提案する新型軽乗用車として今夏の発売を予定しています。今回は、電動ウインチやアルミスロープなどを標準装備した車いす仕様車を展示します。

 Hondaブースでは、より多くの人に移動の喜びを提案したいという想いから「Fun for Everyone. Honda〜移動の喜びを一人ひとりに〜」をテーマとし、さまざまな介護車両をはじめ、腕での運転操作が困難な人が両足だけで運転操作が可能な足動運転補助装置「Honda・フランツシステム」、身体の状態に合わせて選択できる運転補助装置「Honda・テックマチックシステム」※1などを展示します。

 Hondaは、1976年にHonda・テックマチックシステムを「シビック」に搭載して発売以来、独自の発想と技術で福祉車両の開発に取り組み、あらゆるお客様のパーソナリティーを大切に、便利で快適なクルマを提案することで、夢の実現に貢献したいと考えています。

※1 Honda・テックマチックシステムのタイプ

「Aタイプ」 片手でハンドル操作できる“ハンドル旋回ノブ”
「Bタイプ」 左足で操作できる“左足用アクセルペダル”
「Dタイプ」 アクセル・ブレーキ操作が困難な人が両腕だけで運転操作できる“手動運転補助装置”
「Lタイプ」 ウインカーレバーを左手で操作できる“左手用ウインカーレバー”
(その他、各種機能部品をご用意しています)

N CONCEPT_3 車いす仕様車

N CONCEPT_3 車いす仕様車

主な出展機器一覧

四輪車 福祉車両/運転補助装置

○N CONCEPT_3 車いす仕様車「手動運転補助装置」※2装着(参考出品)
○フリード 車いす仕様車
○ステップ ワゴン サイドリフトアップシート車
○ライフ 助手席リフトアップシート車
○フリード ハイブリッド 助手席リフトアップシート車
○フィット 助手席回転シート車
Honda・テックマチックシステム Dタイプ(フロア式)装着
○フィット シャトル ハイブリッド 助手席回転シート車
Honda・テックマチックシステム Dタイプ(フロア式)装着
○フィット ハイブリッド Honda・フランツシステム装着車
○運転補助装置 Honda・フランツシステムおよびHonda・テックマチックシステムのモジュール

※2 手動運転補助装置は参考出品。ニッシン自動車工業製

電動カート

○モンパル ML200

その他

○リズム歩行アシスト(参考出品)
○簡易型四輪ドライビングシミュレーター(模擬運転装置)Hondaセーフティナビ など

[バリアフリー2012(第18回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展)開催概要]

・開催日時 :2012年4月19日(木)〜21日(土) 10:00〜17:00 入場無料※3
・開催場所 :インテックス大阪(Hondaブースは3-101)
・主催 :社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪

※3 入場者登録制:当日会場での登録またはインターネットによる事前登録

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ