MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2011年10月31日

タイの洪水による影響について(10月31日時点)

 タイの洪水被害による事業への影響につきまして、現在の情報をお知らせします。

 四輪車生産拠点のホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(本社:タイ・アユタヤ、ロジャーナ工業団地)は、調達部品の供給停止の影響により10月4日から生産活動を停止し、その後、10月8日から始まった浸水被害が現在まで継続していることから、生産再開の見通しが立っていません。

 二輪車・汎用製品生産拠点のタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド(本社:タイ・バンコク)では、施設への洪水被害はありませんが、調達部品の供給が滞っているため、二輪車は10月11日より、汎用製品は10月6日より生産活動を休止しており、それぞれ11月4日までの生産休止を予定しています。なお、11月7日以降の生産につきましては、状況を見ながら決定していきます。

 その他のアジアの生産拠点においては、タイからの部品供給の制約による影響が出ており、生産調整や、生産休止などを実施しています。

 日本では、タイからの部品供給の制約により、鈴鹿製作所、埼玉製作所の四輪完成車生産拠点において、11月7日より生産調整を実施することとしました。生産調整の実施期間については、今後、部品の代替などを進めるとともに、状況を見ながら決定していきます。

 その他の地域についても部品供給の制約による影響が及んでおり、各生産拠点にて引き続き精査していきます。

 今後の操業については、状況を見ながら決定してまいりますが、お取引先様とともに影響を最小限にするよう全力で取り組んでいます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。