MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2011年10月28日

嘉陵ホンダの新工場が竣工

Hondaの中国における汎用製品生産販売合弁会社である嘉陵-本田発動機有限公司(総経理:神谷洋)は、現地時間2011年10月28日13時00分(日本時間:同日14時00分)に以下を発表しましたので、ご案内いたします。

<ご参考>
 Hondaにおける汎用製品生産販売合弁会社である嘉陵-本田発動機有限公司(以下:嘉陵ホンダ)は新工場の建設完成を記念し、本日竣工式典を行いました。

 新工場の投資額は約2.1億元(約25億円)、鋳造、プレス、塗装、完成品の組み立て、点検、製品梱包などの生産工程を備え、旧工場で培った生産技術と新たな環境技術を取り入れた先進的な工場として来月から稼働開始します。なお、旧工場はこれにあわせて10月末に生産を終了します。

 嘉陵ホンダでは、現在中国国内向けの生産、販売に加え輸出も行っていますが、国内の需要拡大の見込みに加え、今後輸出も拡大する予定で、新工場はHondaの汎用事業のグローバル展開において、最も重要な生産拠点の一つになります。

 新工場は、2011年末に90万台の生産体制が整います。将来的には、200万台までの生産拡大が可能な用地や工場設計としており、需要の急速な拡大にも対応できる体制としています。

 新工場は、Hondaの「グリーンファクトリー」コンセプトを随所に取り入れ、例えば、ソーラーシステムの導入による電力削減、有機溶剤を使わず環境にやさしい粉体塗装の採用によるVOC排出の大幅削減、雨水・排水の再利用、自然採光の導入など、環境に配慮した最新鋭の省エネ型工場です。

 嘉陵ホンダでは、汎用エンジン、ポンプ、芝刈機などに加えて、今年4月から小型耕うん機の生産も開始しました。また、汎用エンジンのGX390は、今年8月に、中国環境保護部が発表した厳しい排出ガス規制を、業界で初めてクリアするなど、新しい価値を持った商品の提案や環境対応に積極的に取り組んでいます。

 Hondaは今後も中国や世界のお客様のために、先進的で、環境性能の優れた汎用商品を提供していきます

  • 1元=約12円換算

新工場の概要

場所

重慶市渝北区空港工業園内

敷地面積

18万m2

完成時期

2011年10月

工場面積

約5.7万m2

投資額

約2.1億元

嘉陵-本田発動機有限公司(Jialing-Honda Motors Co., Ltd.) 概要

設立

1993年1月

資本金

3,570万USドル

出資比率

本田技研工業株式会社 60%
本田技研工業(中国)投資有限公司 10%
中国嘉陵工業股份有限公司(集団) 30%

住所

重慶市渝北区観月南路1号

董事長

倉石 誠司(くらいし せいじ)

総経理

神谷 洋(かみや ひろし)

従業員数

約1,600人(2011年10月現在)

主要商品

汎用ガソリンエンジン、芝刈機、ポンプ、小型耕うん機など