MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> 企業関連ニュース> ホンダソルテックが新型薄膜太陽電池を2011年中に発売

2011年01月26日

ホンダソルテックが新型薄膜太陽電池を2011年中に発売

 Hondaの子会社で、太陽電池の製造・販売を手がける(株)ホンダソルテック(本社:熊本県菊池郡 社長:数佐 明男)は、現行モデルより小型で、様々な形状の屋根に効率良く設置できる新型の薄膜太陽電池を、2011年中に発売します。この新製品のモジュール変換効率※1は、現在市販されているCIGS薄膜太陽電池※2において世界最高レベルの13.0%以上となる見込みです。

※1 モジュール1m2に当たる太陽光エネルギーを、電気エネルギーに変える効率

モジュール公称最大出力(W)×100  

の計算式を用いて算出
モジュール面積(m2)×1,000W/m2  

※2 銅-インジウム-ガリウム-セレン(CIGS)の化合物を素材とした薄膜で形成された太陽電池

新製品の主な特長

  • 受光部分であるCIGS層の性能を向上させるとともに、外周フレーム等の非受光面積を小さくすることにより、現行モデルと比較してモジュール変換効率が約1割向上し、同じ設置面積でより多く発電することが可能です。
  • 現行モデルと比較してモジュール面積を約3分の2に小型化することにより、様々な形状の屋根の限られたスペースに、無駄なく、より多くの薄膜太陽電池を設置することが可能です。

 ホンダソルテックの既存設備で試作したプロトタイプは、13.0%のモジュール変換効率を達成しており、Hondaは発売に向けてさらなるモジュール変換効率の向上を目指しています。

 Hondaが独自開発したCIGS薄膜太陽電池は、製造過程における使用エネルギーが少なく、環境への貢献度がより高い太陽電池です。今後も市場ニーズに合った製品展開により、薄膜太陽電池のさらなる拡大を目指し、地球環境保護に貢献していきます。

仕様

  プロトタイプ 現行モデル(HEM130PCA)
写真 プロトタイプ 現行モデル(HEM130PCA)
セルの種類 CIGS CIGS
公称最大出力(W) 89 130
外形寸法(mm)
幅×奥行き×高さ
926×738×37 1,417×791×37
モジュール変換効率 13.0% 11.6%
質量(kg) 8.7 14.3
公称開放電圧(V) 190 280

*表内の数値はAM1.5、日射強度1kW/m2、モジュール温度25℃でのHonda計測値。
*実使用時の出力は、日射強度、設置条件(方位、角度、周辺環境)、地域および温度条件により異なります。
*プロトタイプは、発売時に仕様が変更される可能性があります。

ニュースリリーストップへ
ページトップ