MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 「NSXコンセプト」、新型「アコードクーペコンセプト(北米仕様)」などを2012年北米国際自動車ショーに出展

2011年12月12日

「NSXコンセプト」、新型「アコードクーペコンセプト(北米仕様)」などを2012年北米国際自動車ショーに出展

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス、社長:岩村 哲夫)は、2011年12月11日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
 Hondaは、米国ミシガン州デトロイトで開催される2012年北米国際自動車ショー(プレスデー:2012年1月9日〜10日、一般公開日:1月14日〜22日)に、スーパースポーツ「NSXコンセプト」、新型「アコードクーペコンセプト(北米仕様)」などを出展します。

 Acuraブースにおいては、優れた走行性能と環境技術などをバランス良く融合した、次世代のスーパースポーツのデザインの方向性を示すモデルとして「NSXコンセプト」を世界初披露します。1990年に初代NSXが誕生して以来、世界中で愛され続けているスポーツカーのフラッグシップモデルの名前とDNAを受け継ぎ、お客様のニーズと技術の進化に合わせた次世代のスーパースポーツとして開発を行っています。
 また、同時に発表する「ILXコンセプト(北米仕様)」は、Acuraでは初めてとなるハイブリッド技術を含む、3つのタイプのパワートレインを持つ新型コンパクトセダンです。さらに、2代目となる新型「RDX(北米仕様)」のプロトタイプもあわせて発表します。「ILXコンセプト」の市販モデルおよび新型「RDX」はともに2012年春の販売を予定し、Acuraラインアップのさらなる拡充と強化を図っていきます。

 Hondaブースにおいては、新型「アコードクーペ(北米仕様)」のコンセプトモデルを初披露します。このコンセプトカーは2012年秋にフルモデルチェンジを予定している9代目北米アコードのデザインの方向性を示すモデルです。Hondaは新型「シビック」「CR-V」に続き、アコードを刷新し、環境性能とFUN性能を両立したさまざまなモデルによりラインアップの強化を図っていきます。

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ