MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を成田国際空港でのハイヤー走行実証実験に提供

2011年09月05日

燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を成田国際空港でのハイヤー走行実証実験に提供

 Hondaは、水素供給・利用技術研究組合(HySUT:ハイサット)からの要請に応え、成田国際空港を拠点とするハイヤー走行実証実験に燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を提供します。なお、提供する「FCXクラリティ」は、全日本空輸株式会社(本社:東京都 社長:伊東 信一郎)により国際線旅客サービスのハイヤー車両として9月5日から運用されます。

 「FCXクラリティ」は、燃料電池電気自動車専用のデザイン、パッケージとして独自開発されたモデルで、その走行性能は異次元のドライブフィールを実現しています。走行中にCO2を全く排出しない究極のクリーン性能だけでなく、クルマとしての新しい価値と魅力を、ハイヤーサービスを活用されるお客様にも体感していただけます。

 また、Hondaはこのハイヤー走行実証実験を通じて得られた様々なデータを研究開発にフィードバックするとともに、燃料電池電気自動車の普及と量産化に向けた開発に積極的に取り組みます。

  • 経済産業大臣の許可を得て2009年7月31日に設立された法人で、2015年のFCV(燃料電池自動車)の一般ユーザーへの普及開始を目指し、実証研究の実施を通じて水素供給インフラの社会的受容性と事業成立性の課題を検証・解決することを目的としています。組合員は18社・団体。
FCXクラリティ

FCXクラリティ

FCXクラリティと成田水素ステーション

FCXクラリティと成田水素ステーション

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ