MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 埼玉県との次世代パーソナルモビリティーの実証実験計画を公表 〜実証実験車両と充電設備を初公開〜

2010年12月20日

埼玉県との次世代パーソナルモビリティーの実証実験計画を公表 〜実証実験車両と充電設備を初公開〜

 Hondaは本日、埼玉県と共同で実施する電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車、電動二輪車、電動カートなど、次世代パーソナルモビリティーを用いた実証実験の計画を公表し、実証実験で使用する車両やソーラー充電ステーションなどを日本で初めて公開しました。

 今回の実証実験は、実際の都市交通環境下において、二輪車・四輪車・汎用製品の電動化技術や情報通信技術、太陽光発電によるエネルギー供給などを用いた総合的なアプローチにより、将来のパーソナルモビリティーのあり方やCO2削減効果の検証を行います。

<実証実験の主な内容>

  • 2009年3月に埼玉県とHondaで締結した「環境分野における協力に関する協定」に基づき、電動化技術と情報通信技術などを活用した、将来の低炭素モビリティー社会実現に向けた効果検証を「さいたま市」「熊谷市」「秩父市」と行います。
  • EVやプラグインハイブリッド車の実験車両、電動二輪車「EV-neo」、電動カート「モンパル ML200」などの電動車両を用いた次世代パーソナルモビリティーの実用性、利便性の検証
  • 将来の低炭素化社会の実現に向けた、太陽光発電など再生可能エネルギーの活用の効果検証
  • 情報通信技術の活用による、お客さまの使い勝手や利便性の検証

 Hondaは、実証実験の結果を踏まえ、パーソナルモビリティーの電動化技術を進めるとともに、ソーラーパネルやコージェネレーションなどのエネルギーを創出する商品を持つ強みを活かし、家庭やコミュニティーで完結できる「トータル・エネルギー・マネジメント」により、低炭素で豊かなライフスタイルをお客様とともに創造していきたいと考えています。

 なお、この実証実験は、日本に先駆け、2010年12月15日に米国(カリフォルニア州・トーランス市)で行うことを発表しました。今後、日本や米国に加え、中国での展開も検討しています。

実証実験車両とソーラー充電ステーション

実証実験車両とソーラー充電ステーション

埼玉県との実証実験の内容

「次世代パーソナルモビリティー」を活用し、都市部や郊外、観光地など様々な地域特性にあわせた次世代交通システムの可能性の検証を「さいたま市」「熊谷市」「秩父市」と行います。

「さいたま市」

  • 都市部の駅周辺を拠点としたEV-neoやEVの共同利用など、都市型移動スタイルの検討。
  • 住宅地における電動車両の低騒音価値の検討。

「熊谷市」

  • 大都市近郊の都市という特徴を活かし、籠原駅を拠点にパーク&ライドに対するEVやプラグインハイブリッド車の適合性の検証と移動利便性の実証。

「秩父市」

  • 市の目指す「市民協働型のまちづくり」と連携し、モンパルを用いて高齢者の移動機会の創出と利便性の向上策を検討。

実証実験車両

実証実験では、走行中にCO2を一切排出しないEVや電動二輪車、電動カートに加え、エンジンと2つの高出力モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド車を使用。

  • 電気自動車(EV)
    取り回しのよいコンパクトなボディと、使い勝手のよさで高い評価を得ているフィットをベースに、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」で培った同軸モーターなどの電動化技術と、東芝製のリチウムイオンバッテリーを搭載しています。充電時間は200V電源で6時間以下、航続走行距離は160km以上です。
  • プラグインハイブリッド車
    中型セダンのインスパイアをベースに、専用開発した高効率・低燃費な2.0L i-VTECエンジンと2つの高出力モーターを組み合わせ、「モーター走行」「ハイブリッド走行」「エンジン走行」の3つのモードでの走行が可能です。また、ブルーエナジー製のリチウムイオンバッテリーを搭載し、EV走行で15kmから25kmの航続走行距離を実現します。
  • 電動二輪車(EV-neo)
    2010年12月24日より配達業務などを行う企業や個人事業主向けにリース販売を開始する、スクータータイプの電動二輪車「EV-neo」を使用します。
  • 電動カート(モンパル ML200)
    2006年に発売の快適な乗り心地と高い操縦安定性、安心して気軽に乗れるスタイリッシュな電動カート「モンパル ML200」を使用します。

<実証実験車両 主要諸元(四輪)>

  電気自動車 プラグインハイブリッド車
エンジン - 直列4気筒 2.0L
アトキンソンサイクル i-VTECエンジン
トランスミッション - ECVT
モーター ギアボックス同軸モーター
(FCXクラリティと同型)
2モーターシステム
(駆動および回生、発電)
モーター最高出力 92kW 120kW
バッテリー型式・
メーカー
リチウムイオン電池・
東芝製
6kWh リチウムイオン電池・
ブルーエナジー製
EV航続走行距離 160km以上 25km(JC08モード)
EV最高速度 時速 144km 時速 100km
充電時間 100V=12時間以下
200V=6時間以下
急速充電=30分(80%)
100V=4時間以下
200V=1.5時間以下

<実証実験車両 主要諸元(EV-neo、モンパル ML200)>

  EV-neo モンパル ML200
モーター DCブラシレスモーター DCブラシレスモーター
モーター最高出力 2.8kW -
バッテリー型式・
メーカー
リチウムイオン電池・
東芝製
制御弁式鉛電池・
パナソニック製
EV航続走行距離 34km(30km/h定地走行テスト値) 約25km(6km/h平坦路)
充電時間 100V普通充電器=約3.5時間
200V急速充電器=約30分
100V=約9時間

ソーラー充電ステーション

Honda和光本社ビルに「ソーラー充電ステーション」を新たに設置。ホンダソルテック製の太陽電池モジュールを活用した充電ステーションと、情報通信技術との連携により、様々な検証を行います。

ソーラー充電ステーション 構成概略図

ソーラー充電ステーション 構成概略図

情報通信技術
お客様の利便性と安心感を高めるために重要な情報通信技術の進化をはかるため、四輪車向けに展開している情報ネットワークサービス「インターナビ・プレミアムクラブ」の機能を活用し、実証実験車向けの充電サポートサービスなどを検証していきます。充電ステーションの検索や目的地設定、車両の状態などを従来のカーナビ画面に加え、スマートフォンでも確認できます。

<充電サポートサービス>
実証実験車両は、車両から離れたところからでも、スマートフォンを使ってバッテリーの残容量、航続可能距離による航続可能エリアの確認、エリア内の充電スタンドの検索などが可能です。検索結果から選定した充電スタンド情報をインターナビ情報センター経由で車両に転送し、カーナビの目的地として設定することで、充電スタンドまでの誘導が可能です。

[スマートフォン画面の例]

バッテリー残容量確認

バッテリー残容量確認

航続可能エリア1

航続可能エリア1

航続可能エリア2

航続可能エリア2

ニュースリリーストップへ
ページトップ