MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 「CR-Z」が2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2010年11月09日

「CR-Z」が2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

<ご参考>
 Hondaのハイブリッドカー「CR-Z」が、2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤー(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)を受賞しました。

 CR-Zは、1.5L i-VTECエンジンとHonda独創のハイブリッドシステムのIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を組み合わせ、先進的で躍動感のあるデザインに、俊敏で爽快な走りと25.0km/Lという優れた燃費性能を融合した、スポーツタイプのハイブリッドカーです。

代表取締役社長 伊東 孝紳のコメント
 「数多くのニューモデルの中から、2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤーにCR-Zが選ばれたことを大変光栄に思います。今回の受賞は、『優れた環境性能だけではなく、走る楽しさも追求したハイブリッドカーをお求めやすい価格で提供し、クルマを持つ喜び、使う喜びを広げたい』という私どもHondaの強い想いが、多くの皆様に受け入れていただけたものと大変喜んでおります。また同時に、CR-Zの開発・生産を支えてくださった、お取引先様をはじめとする多くの方々の努力も評価していただけたものと受け止めております。今後もより多くのお客様への、さらなる喜びの提供を目指し、努力してまいります」

※ CVT車。10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)

CR-Z α

CR-Z α

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ