ニュースリリース

2010年11月09日

タイランドインターナショナルモーターエキスポ2010に新小型車のプロトタイプを出展

Hondaのタイ現地法人、ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(本社:バンコク、社長:藤本 敦)は、2010年11月9日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
 Hondaは、2010年11月30日に開幕するタイランドインターナショナルモーターエキスポ2010(プレスデー:11月30日、一般公開日:12月1日〜12日)に、2011年中にタイおよびインド市場に投入を予定している新小型車のプロトタイプを、世界で初めて出展します。

 このプロトタイプは、2010年1月にインド、3月にタイで公開した新小型車のコンセプトモデル「Honda New Small Concept」を、より量産モデルに近いデザインとパッケージングとしたモデルです。量産モデルは、このプロトタイプをベースに、基本デザインを共通としながら、タイでは高い燃費基準を達成するモデルとして、インドでは拡大する小型車市場向けモデルとして発売する予定です。

 なお、Hondaのブースでは、四輪車は、新小型車のプロトタイプの他、「アコード」「シティ」「シビック」「ジャズ(日本名:フィット)」「CR-V」「フリード」、二輪車は、タイから世界に輸出されるグローバルスポーツモデル「CBR250R」、同スクーターモデル「PCX」を展示します。

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。