MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> インドネシアで「フリード」を生産・販売・輸出開始

2009年03月11日

インドネシアで「フリード」を生産・販売・輸出開始

Hondaのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(本社:インドネシア ジャカルタ)は、現地時間2009年3月11日12:00(日本時間:同日14:00)に以下を発表しましたので、その内容をご案内致します。

<ご参考>
 Hondaのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(社長:青島 幸弘)は本日、2009年6月より「フリード」の生産・販売を開始すると発表した。年内に、東南アジア数ヵ国への輸出も開始する。フリードを日本以外で生産・販売するのは初となる。

 インドネシアでは「Multi Purpose Vehicle(MPV)」と呼ばれる多人数乗りタイプの需要が高く、近年、市場の約4割を占めるまで拡大してきている※1。Hondaはフリードで、都会のニューファミリーをターゲットに「快適でスタイリッシュなミニバン」という新しい価値を提案する。

 フリードは、取り回しの良いコンパクトなボディサイズ、大人が3列すべてで快適に座れるゆとりの居住空間とスタイリッシュなデザインを融合した新しいコンパクトミニバンであり、日本では2008年5月末の発売開始以来、販売が好調に推移し、2008年下半期(7月〜12月)の累計販売台数がミニバン部門※2において第1位となった。

 Hondaは、「需要のあるところで生産する」という考えに基づき、各々の市場の特徴・優位点を活かしながら部品・完成車の相互補完体制の構築を進めてきた。フリードにおいても、タイ、マレーシア、フィリピンなどのアセアン地域を中心に部品を調達し、競争力ある商品づくりを目指していく。長期的に成長の見込まれるインドネシアをはじめとするアジア市場において、さらなる事業基盤の強化を加速し、お客様の期待を超える商品を提供していく。
※1 2008年全体市場60.8万台中、MPVは23.1万台(=ハッチバックを除く) Honda調べ
※2 ミニバン部門とは3列シートの自動車を示す

ピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(P.T. Honda Prospect Motor)概要

設立 1999年3月
資本金 7,000万USドル
出資比率 本田技研工業株式会社 51%、P.T. Prospect Motor 49%
所在地 本社:ジャカルタ  工場:カラワン
代表者 社長 青島 幸弘
従業員数 約3,000名
事業内容 四輪車の製造・販売
生産車種 ジャズ(日本名フィット)、CR-V、フリード(09年6月より)
生産能力 5万台/年
ニュースリリーストップへ
ページトップ