ニュースリリース

2008年02月04日

新型芝刈機「HRG415C3/HRG465C3」をフランスより輸入し販売

 Hondaは、フランスの汎用製品生産拠点であるHonda Europe Power Equipment S.A.(フランスオルレアン、社長:深井 孝良)より、新型芝刈機「HRG415C3」(刈幅410mm)と「HRG465C3」(刈幅460mm)を輸入し、2月4日(月)より全国のHonda汎用製品取扱店から販売する。

歩行型芝刈機 「HRG415C3」

歩行型芝刈機 「HRG415C3」

 新型「HRG415C3」「HRG465C3」は、オートチョーク機構の採用により、始動時に最適なチョーク開度となるよう自動制御することで、従来の汎用エンジンでは常識となっている、一時的に吸気濃度を高め始動しやすくするチョーク操作を不要としている。これにより簡単操作でエンジン始動直後から芝刈作業が始められるなど、より使いやすく操作性を高めている。

 歩行型芝刈機HRGシリーズは、2001年の欧州での発売以来、高い操作性や環境性能が人気を博し、欧州地域累計で約53万台を販売した一般家庭向け歩行型芝刈機である。今回、現地でのモデルチェンジに伴い、新型を輸入し販売を開始する。
 尚、同機種は、5月中旬より特約ホームセンターからも販売する。

※ 2001年11月〜2007年12月末(Honda調べ)

販売計画(年間、国内合計)

1,500台

メーカー希望小売価格

★印は 写真掲載タイプ

HRG415C3

98,490円(消費税抜き本体価格 93,800円) ★

HRG465C3

102,690円(消費税抜き本体価格 97,800円)

HRG415C3/HRG465C3の主な特長

扱いやすさ

  • WAX式オートチョーク機構を採用。
    エンジン始動時および暖機後のチョーク操作が要らず、簡単操作でエンジン始動。しかも最適なチョーク開度を自動的にコントロールするため、始動後直ぐに芝刈作業を始められる。
  • 握りやすく操作しやすい刈取り高さ調節ノブを採用。20mmから6段階に刈取り高さが調節できる。
  • ダブルボールベアリング機構採用のワイドリアタイヤによる快適な取り回しを実現。
  • メカニカルデコンプ採用により軽くスムーズな始動を実現。
  • 組み立ては、ハンドルを上げてグラスバッグを装着するだけの簡単セットアップ。

安心機構

  • 刈刃レバーを放せばエンジンが停止するフライホイールブレーキを採用。

高い経済性と環境性能

  • クラストップレベルの低燃費を実現。
  • 米国環境保護庁(EPA)フェーズII規制値と(社)日本陸用内燃機関協会(陸内協)自主規制値をクリアした空冷4ストローク汎用バーチカルエンジン「GCV135」を搭載。
  • 低騒音ブレードの装着などによるクラストップレベルの低騒音[96dB(A)]を実現。

カラーリング

  • ローズガーデンなど欧州の高品位なガーデニングライフをイメージした新色を採用。

主要諸元

名称 HRG415C3 HRG465C3
全長×全幅×全高(mm) 1,440×453×980 1,470×497×980
機体質量<重量>(kg)
装備重量(kg)
30.5
32.0
31.5
33.0
エンジン名/種類 GCV135E/空冷4ストローク単気筒OHC,バーチカル
総排気量(cm3 135
最大出力/回転数[kW(PS)/rpm] 2.6(3.5)/3,600
使用燃料 自動車用無鉛ガソリン
燃料タンク容量(L) 0.77
点火方式 トランジスタマグネト
始動方式 リコイルスターター(手動)
刈幅(mm) 410 460
刈取り高さ調節幅(mm) 約20〜約74(6段調節)
収納袋容量(L) 50 55
車速(m/s) 1.0
刈刃停止機構 フライホイールブレーキ
  • 表示のエンジン出力は、SAEJ1349に準拠して3,600rpm(エンジン最大出力)で測定された代表的なエンジンのネット出力値。量産エンジンの出力はこの値と変わることがある。完成機に搭載された状態での実出力値は、エンジン回転数、使用環境、メンテナンス状態やその他の条件により変化する。

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。