MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> レジェンドをマイナーモデルチェンジし発売

2008年09月04日

レジェンドをマイナーモデルチェンジし発売

 Hondaは、世界初の四輪駆動力自在制御システム(SH-AWD※1)の採用などで高い走行性能を実現し、数々の先進技術を搭載した最上級セダン「レジェンド」のエンジン及び内外装を一新するとともに、新たにスポーティグレードの「ユーロ」をタイプ設定し、9月5日(金)に発売する。
※1 Super Handling All-Wheel-Drive

「レジェンド」の主な変更点

  • 309馬力の高出力と優れた燃費性能を両立した新型V6 3.7L VTECエンジンを採用
  • 大型のフロントグリルやスポイラー一体型のトランクフード、新デザインの17インチアルミホイールなどを採用
  • 従来の超高外観塗装に加え、パール顔料粒子を均一に並べることで、より高輝な塗装を実現した高品位塗装のアルバータホワイト・パールをボディカラーに採用
  • 歩行者との衝突時に、ボンネットフード後部を瞬時に持ち上げ、歩行者の頭部衝撃を低減する「ポップアップフードシステム」をHonda国内販売モデルで初採用
  • 1速ギアから制御することにより、日常域での旋回性能を高めた四輪駆動力自在制御システム(SH-AWD)を採用
  • VSA※2とEPS※3の協調制御により、車両の挙動の乱れに対して安定方向にステアリング操作をアシストし、優れた走行安定性を実現する「モーションアダプティブEPS」をHonda国内販売モデルで初採用
  • 燃料消費量の少ない道を優先することでCO2排出量が削減できるルートや、ETC割引額を優先したルートなど、目的に合わせてユーザーが選択できるルート配信サービス「インターナビ・ルート」を搭載した新型HDDインターナビシステムを全タイプに標準装備
  • 実際の走行に近い新たな燃費基準JC08モード※4走行燃費(国土交通省審査値)に対応

※2 ABS+TCS+横すべり抑制
※3 電動パワーステアリング
※4 省エネルギー法に基づき策定された「2015年度燃費基準」で、より実際の走行に近くなるよう新たに設けられた試験方法

「ユーロ」の主な特徴

  • ブラッククロームメッキパーツや18インチアルミホイールなどの採用により、精悍でスポーティなフォルムを実現
  • 本革&木目調コンビステアリングホイールやATセレクトレバーを採用、シート※5に赤のダブルステッチを施すなど、スポーティなインテリアを演出
  • ユーロ専用ボディカラーに、新色のシルバージェイド・メタリックを設定

※5 ユーロ Lは本革、ユーロ Sは本革/スウェード調レッドパンチングのコンビ

レジェンド

レジェンド

レジェンド ユーロ S

レジェンド ユーロ S

販売計画台数(国内・月間) 100台
全国メーカー希望小売価格 ◎印は写真掲載タイプ
タイプ エンジン トランスミッション 駆動 消費税込み (消費税抜き)  
レジェンド V6 3.7L
VTEC
5AT
+パドルシフト
4WD
(SH-AWD)
5,550,000円 (5,285,715円)
レジェンド L 6,050,000円 (5,761,905円)  
レジェンド I 6,650,000円 (6,333,334円)  
レジェンド ユーロ S 5,930,000円 (5,647,620円)
レジェンド ユーロ L 6,350,000円 (6,047,620円)  
  • 価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれない
  • 自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル等に必要な費用、情報管理料金)及び資金管理料金の合計金額
  • アルバータホワイト・パール、プラチナフロスト・メタリックは52,500円(消費税抜き 50,000円)高

ボディカラー/インテリアカラー組み合わせ

タイプ ボディカラー
アルバータ
ホワイト
パール
(新色)
プラチナ
フロスト
メタリック
シルバー
ジェイド
メタリック
(新色)
ボルケーノ
グレー
メタリック
(新色)
クリスタル
ブラック
パール
(新色)
オピュレント
ブルー
パール
レジェンド






ブラック  
レジェンド L
ブラック  
ライトウォーム
グレー
 
レジェンド I
ブラック  
ライトウォーム
グレー
 
レジェンド ユーロ S ブラック  
レジェンド ユーロ L ブラック  

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ
ページトップ