MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開始 〜生産工程の一部を公開〜

2008年06月16日

新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開始 〜生産工程の一部を公開〜

 Hondaは、新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開始し、第1号車(米国仕様)を本日ラインオフした。また、このラインオフに合わせて、生産工程の一部を公開した。

 「FCXクラリティ」はHonda四輪新機種センター(栃木県塩谷郡高根沢町)で生産される。燃料電池車専用の組み立てラインを新設し、燃料電池車特有の工程である燃料電池スタックや水素タンクの車載などを行う。また、燃料電池スタックはホンダエンジニアリング株式会社(栃木県芳賀郡芳賀町)で生産される。特に、高い精度の品質が求められるセルの製造工程では、専用設備による機械化を進め、1台当たりの燃料電池スタックに数百枚必要なセルの量産を可能とした。このような取り組みにより、将来の普及に向けて、生産面においても着実に進化している。

 「FCXクラリティ」は、燃料電池車専用として設計され、Honda独創の燃料電池スタック「V Flow FCスタック」技術を核に、燃料電池車だからこそできるデザイン、パッケージ、そして異次元のドライブフィールを実現。究極のクリーン性能だけでなく、クルマとしての新しい価値と魅力を提案している。米国では7月より、日本では今秋にリース販売を開始する計画。日米合わせた販売計画台数は、年間数十台、3年間で200台程度を予定している。また、7月7日から開催される北海道洞爺湖サミットの「環境ショーケース」に、環境先進技術の一環として出展する予定。

ニュースリリーストップへ
ページトップ