MENU

HONDA

検索
ニュースリリース> バイク関連ニュース> モトクロス競技専用車「CRF450R」「CRF250R」の2009年型モデルを発売

2008年09月08日

モトクロス競技専用車「CRF450R」「CRF250R」の2009年型モデルを発売

 Hondaは、HRC<(株)ホンダ・レーシング>ワークスマシンの先進技術を投入した、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF450R」をフルモデルチェンジするとともに「CRF250R」の操縦安定性や出力特性など戦闘力を向上させ、2009年型モデルとして、10月14日(火)に発売する。

 今回の「CRF450R」では、すでにモトクロスワークスマシンに投入し、実戦でその性能を証明してきたバッテリーレスの「電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※1)」を新たに採用するとともに、エンジンを新設計とし、大幅な燃費と出力特性の向上を図っている。またフレームも新設計とすることで、高剛性化と軽量化を両立。「PGM-FI」を新たに搭載しながらも2008年型モデルよりも軽量化を実現。車体はマスの集中化を行いながら、前・後輪の重量配分を大幅に見直すことで加速性能を高め、より自由度の高いライディングフォームを実現するスリムな車体デザインの採用ともあいまって、トータルで大幅な戦闘力向上を実現している。
 「CRF250R」はエンジンならびに車体各部の熟成を図ることでさらなるドライバビリティーの向上を実現している。車体色には、Hondaモトクロス競技専用車伝統のエクストリームレッドを採用。シート上面表皮まで赤を使うことで、「Red Honda」を強力にアピールしている。また、「CRF250R」には車体色にブラックカラーを採用した「CRF250R・ブラックエディション」を受注期間限定※212月11日(木)に追加発売する。
 「CRF450R」「CRF250R」は、4ストロークマシン特有の幅広い出力特性と、高い走破性能などで好評を得ているHondaのモトクロス競技専用車である。
※1 PGM-FI(Programmed Fuel Injection)は、Hondaの登録商標です
※2 受注期間限定:2008年9月8日から2008年9月30日まで

CRF450R

CRF450R

CRF250R・ブラックエディション

CRF250R・ブラックエディション

販売計画台数(国内・年間) CRF450R 100台
CRF250R 580台
CRF250R・ブラックエディション 120台

メーカー希望小売価格

CRF450R 861,000円(消費税抜き本体価格 820,000円)
CRF250R 666,750円(消費税抜き本体価格 635,000円)
CRF250R・ブラックエディション 687,750円(消費税抜き本体価格 655,000円)
  • このCRF450R、CRF250Rは、道路および一般交通の用に供する場所では一切走行できません。
    また、登録してナンバープレートを取得することもできません。

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

=CRF450R、CRF250R 2009年型モデルの主な変更点=

<CRF450R>

エンジン

Honda独創のメカニズムであるユニカムバルブトレイン機構を備えた、新設計のエンジンを搭載。シリンダーヘッドの小型化、クランクケースの薄肉化などによりエンジン単体で1.8kgの軽量化※3を図るとともに、短いコンロッドや高さの低いピストンを採用することによりシリンダーヘッドを低く配置し、低重心化を実現している。また、バッテリーレスの「PGM-FI」を新たに採用することで、さまざまな環境変化に対応し、常に適切な混合気を供給。エンジンのポテンシャルを100%発揮し、パワフルで扱いやすい出力特性を実現している。またFI化によって、大幅な燃費向上が図られ、燃料タンク容量において1.5Lの削減を可能としている。

車体系

小型軽量で高い剛性を持つ新設計のフレームは、アルミ製ツインチューブ構造を踏襲。18mm長い※3スイングアームを採用することで、加速重視の新ジオメトリーを実現。外観デザインには、ライダーがよりアクティブに動けるよう、低いタンク、滑らかな側面デザインを取り入れ操縦性の向上を図っている。

吸排気系

エアクリーナーボックスとスロットルボディーをつなぐコネクティングチューブは、リアサスペンションのレイアウトを見直すことで、よりストレートに近い形状とし吸気効率の向上を図っている。また排気系では、マスの集中化を図るためマフラーの取り付け位置を前方に115mm移動※3すると同時に、低・中・高速域の最適な出力特性を実現するため、エンジンの排気ポートを左側に変更することでエキゾーストパイプに適切な長さを確保。マフラーにチタン材を採用することで、騒音規制に適合しながらも、軽量化を図っている。
※3 2008年型モデルとの比較

<CRF250R>

エンジン

ユニカムバルブトレインを引き続き採用しながら、ドライバビリティー向上を図るため、燃焼室形状を変更。高速域での出力を保持しながら、低中速域の出力向上を実現している。

トランスミッション

シフトフィーリングを向上させるため、ギアのダボ数を3ヵ所から、4ヵ所に変更。レース時などの激しいシフト時にも、よりスムーズで確実なシフト変更を可能としている。

<CRF450R、CRF250R共通の変更点>

Honda プログレッシブ ステアリング ダンパー

2008年型モデルから採用している、ステアリングの舵角と転舵スピードに応じてハンドルの減衰トルクを変化させるHonda独創の機構「Honda プログレッシブ ステアリング ダンパー」は、新設計(CRF450R)ならびにセッティング変更(CRF250R)されたフロントフォークの採用に伴い、バルブおよび位置依存溝のセッティングを変更し減衰特性の最適化を図っている。

ブレーキ

前後ブレーキディスクおよび前後ブレーキディスクカバーの軽量化とデザイン変更を実施。いっそうのスリム感を演出するとともに、バネ下重量をさらに軽減することで、路面追従性の向上を図っている。

<CRF250R・ブラックエディション>

専用カラー部品

・シュラウドグラフィック
・ブラックアルマイトホイールリム
・シリンダーヘッドカバー
・クラッチカバー
・ラジエーターグリル
・シート表皮
・フロントフォークプロテクター
・前後ブレーキディスクカバー
・前後フェンダー
・エアクリーナーケース

主要諸元

通称名 CRF450R CRF250R
車名・型式 ホンダ・PE05 ホンダ・ME10
全長×全幅×全高(m) 2.191×0.827×1.273 2.170×0.827×1.277
軸距(m) 1.491 1.477
最低地上高(m) 0.332
0.362
シート高(m) 0.954 0.965
車両重量(kg) 106.9 103.2
エンジン種類 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3 449.7 249.4
内径×行程(mm) 96.0×62.1 78.0×52.2
圧縮比 12.0 13.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 41.5[56.4]/8,500 31.6[43.0]/11,000
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 50.3[5.13]/7,000 29.2[2.97]/9,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置
PGM-FI(スロットルボアφ50mm)>
キャブレター
FCR(メインボアφ40mm)
始動方式 プライマリーキック式
点火装置形式 フルトランジスタ式
デジタル点火
電子進角CDI式
デジタル点火
燃料タンク容量(L) 5.7 7.3
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1 速 1.800 2.142
2 速 1.470 1.750
3 速 1.235 1.450
4 速 1.050 1.227
5 速 0.909 1.041
減速比(1次/2次) 2.739/3.692 3.166/3.923
キャスター角(度)/トレール量(mm) 26°52´/114.2 27°50´/125.0
タイヤサイズ 80/100-21 51M 80/100-21 51M
120/80-19 63M 100/90-19 57M
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
クッションストローク310mm
テレスコピック式(倒立サス)
クッションストローク315mm
スイングアーム式(プロリンク)
アクスルトラベル320mm
スイングアーム式(プロリンク)
アクスルトラベル313mm
フレーム形式
アルミツインチューブ
ニュースリリーストップへ
ページトップ