MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2007年09月11日

フランクフルトモーターショーで「アコードツアラー コンセプト」を発表

Hondaの英国現地法人、ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州スラウ 社長:高木 滋)は、2007年9月11日に以下を発表しましたので、その内容をご案内致します。

<ご参考>
 ホンダモーターヨーロッパは、フランクフルトモーターショー(プレスデー:2007年9月11日~12日、一般公開日:9月15日~23日)で、次期欧州アコードツアラーのデザインの方向性を強く示すコンセプトモデル、「アコードツアラー コンセプト」を発表した。

アコードツアラー コンセプト

アコードツアラー コンセプト

 「アコードツアラー コンセプト」は、より低重心、幅広なフォルムにより、多様な実用性を維持しながらも、スマートで洗練され心をうつスタイリングとした。併せて、広々とした居住空間と優れた操縦安定性を実現している。
 次期アコードは、2.0Lと2.4Lのガソリンエンジンと、新規開発の2.2L、次世代ディーゼルエンジン「i-DTEC」を搭載し、2009年からの施行が予定されるEuro5排出ガス規制値に全ラインアップで適応している。i-DTECは、Honda独自開発のディーゼルエンジンの第二弾となり、現行の「i-CTDi」の優れた動力性能、燃費性能、排出ガスのクリーン化を更に進化させた。まずは次期欧州アコードに搭載し、今後、北米や日本で販売する機種にも適用を拡大していく。
 次期アコードは、セダンとツアラー(ワゴン)のラインアップで、量産車の発表は2008年3月のジュネーブモーターショーを、また欧州地域での販売開始は2008年前半を予定している。

  • ディーゼル車に対する規制値(粒子状物質と窒素酸化物が対象)排出ガス中に含まれる粒子状物質は、Euro4規制値の25mg/kgから5mg/kgに80%削減され、NOx(窒素酸化物)は、250mg/kgから180mg/kgへ削減される