MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2007年03月06日

Honda Small Hybrid Sports Conceptをジュネーブモーターショーで発表

Hondaの英国現地法人、ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州 スラウ、社長:高木 滋)は、2007年3月6日に以下を発表致しましたので、その内容をご案内致します。

<ご参考>
 Hondaは、ジュネーブモーターショー(プレスデー:2007年3月6日~7日、一般公開日:3月8日~18日)にて、「Honda Small Hybrid Sports Concept」を発表した。

Honda Small Hybrid Sports Concept

Honda Small Hybrid Sports Concept

     今回世界初公開となる「Honda Small Hybrid Sports Concept」は、Hondaが提案する新世代ハイブリッド車のデザインスタディモデルである。最新ハイブリッド技術による高い環境性能と、小型スポーツカーを操る楽しさを高次元で両立することを目指し、ドイツにあるHonda R&D Europe(Deutschland)GmbHでデザインを行った。

 スモールカークラスの前輪駆動プラットフォームに、4気筒ガソリンエンジンと小型高効率モーターを組み合わせたHonda独創のIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)の進化型ハイブリッドシステムを搭載し、トランスミッションにはCVTを採用するデザインとした。
 大径ホイールを包み込む力強いボディラインと、フロントウインドウからキャビンまでを一体となって覆う、大きなガラスルーフによる曲線美の対比が、このスポーツクーペの独創的なスタイリングを強調している。

 また、LEDテールライトユニットをリア上部全面に配置し、中央に位置する自発光のSmall Hybrid Sportsのネームプレートと一体にしたのも特徴のひとつ。低燃費と高い走行性能を実現するため、ドアミラーの代わりに小型カメラを採用するなど、空力も追求している。

Honda Small Hybrid Sports Concept主要諸元

寸法(全長×全幅×全高)(m)
4.000×1.760×1.270

ホイールベース(m)
2.350

タイヤ(前・後)
165/60 R20