MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2006年10月05日

Honda、ベトナム二輪事業を強化

Hondaのベトナムにおける現地法人のホンダベトナムカンパニー・リミテッドは、現地時間2006年10月5日午前10時00分(日本時間5日正午)に以下の発表を行いましたので、その内容をご案内いたします。

ご参考

 Hondaのベトナムにおける現地法人、ホンダベトナムカンパニー・リミテッド(以下HVN)は、ベトナムのお客様の多様化するニーズと、需要拡大に応えるため、新型スクーター「クリック」の販売を開始すると共に、二輪車工場の生産能力を年間100万台に拡大すると発表した。

 クリックは、108cc、水冷、4ストロークエンジンを搭載し、ベトナムで生産する二輪車では初めてコンビブレーキを採用した先進のスクーターである。価格は2550万ベトナム・ドンで、月間約4,000台の販売を計画している。アセアン地域では、操作が簡単なスクーターの需要が若者層を中心に拡大しており、今後の販売増加が期待されるベトナムにも新型スクーターを投入する。

 ベトナムの二輪市場の2005年の実績は約180万台*(前年比:125%)、2006年は約30%増となる240万台と大幅な成長が見込まれており、その後も経済成長と共に更に拡大すると予測されている。HVNは、拡大する需要に応えるために二輪車の生産ラインを増設し、2007年前半をめどに、二輪車工場の生産能力を年間86万台から100万台に拡大する。投資額は約2400万USドル、新規雇用は400名を予定している。

*Honda調べ

 HVNは、1997年12月に二輪車の生産を開始して以来、二輪車を通じてベトナムのお客様に利便性と喜びを提供してきた。2005年には過去最高となる61万7千台(前年比120%)を販売、2006年9月には累計生産台数300万台を達成した。新型スクーター「クリック」の導入と二輪車工場の生産能力拡大により二輪事業をさらに強化し、お客様の期待を上回る製品の供給に努めていく。

ホンダベトナムカンパニー・リミテッド(Honda Vietnam Co., Ltd.)概要

設立

1996年3月

資本金

6,290万USドル

出資比率

本田技研工業株式会社 42%
アジアホンダモーターカンパニー・リミテッド 28%
VEAM社(Vietnam Engine&Agricultural Machinery Corporation) 30%

代表者

社長 舟見 浩明(ふなみ ひろあき)

所在地

ハノイ郊外 ビン・フック省

従業員数

3,400名 (2006年9月末現在)

生産能力

(二輪)86万台/年 (四輪)1万台/年

主な生産機種

(二輪)Wave α、Future NEO、Super Dreamなど (四輪)Civic