MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2006年01月30日

二輪車安全運転教育用「ライディングトレーナー」を Honda二輪車正規取扱店、法人向けに発売

 Hondaは、「安全」に対する効果的な教育を目的とした、二輪車安全運転教育用「ライディングトレーナー」を、Honda二輪車正規取扱店※1、及び法人※1向けに2月上旬より発売する。

ライディングトレーナー (パソコン及びモニターは含まず)

ライディングトレーナー (パソコン及びモニターは含まず)

 ライディングトレーナーは、ライダーの危険予知・予測能力の向上に役立つ二輪車安全運転教育機器のさらなる普及を目的に開発。既に教習所などで利用されている「ライディングシミュレーター」で培われた技術を採用しながら、低価格化と軽量化を実現。二輪販売店店頭などで気軽に利用でき、運転診断機能による診断結果をアドバイスするなど効果的な安全運転教育を可能とする、二輪車安全運転教育機器である。
 本体は、総重量約29kg、全長1,575mm、全幅568mm、全高923mmと、軽量かつコンパクトな設計。ハンドル操作部、ギアチェンジやブレーキ操作を行うペダル操作部、座席(シート)、映像用モニター設置ボード、フレームなどで構成されている。付属の専用ソフトウェアをインストールした購入者所有のパソコン本体と、本体に装備されているUSBケーブルを接続し、ソフトウェアを起動することにより、ライディングトレーナーの運転操作に応じた走行映像がモニターに映し出され、二輪車疑似走行体験を可能としている。
 専用ソフトウェアは、初心者操作練習(ギアチェンジ練習モード、市街地練習走行モード)2コース、危険予測走行(市街地走行モード、ツーリング走行モード)15コースの、全17コースを設定。マニュアル、オートマチックのいずれかの変速操作を選択できるなど、初心者から経験者まで、使用者の経験に合わせた選択を可能としている。また、音声、及び表示は日本語を含む9ヵ国語※2に対応している。
 海外では、2005年11月より欧州でHonda二輪販売店などに発売。欧州全域で約1,000台の販売を計画している。今後はアジアをはじめとする世界各国への普及を図り、企業活動の重要課題である「安全」に対する取り組みの充実を目指す。

ライディングトレーナー (パソコン及びモニターは含まず)

ライディングトレーナー (パソコン及びモニターは含まず)

  • ※1「ライディングアドバイザー」、及び「ライディングトレーナー研修」修了者の常駐する販売店、法人への販売。
  • ※2日本語、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、トルコ語の9ヵ国語。

販売計画台数(国内・年間)

250台

メーカー希望小売価格

115,290円(消費税抜き本体価格 109,800円)

設定コース

初心者操作練習(全2コース)

  • 1.ギアチェンジ練習モード1コース
  • 2.市街地練習走行モード1コース

危険予測走行(全15コース)

  • 1.市街地走行モード(大通りコース 6コース、抜け道コース 5コース)全11コース
  • 2.ツーリング走行モード(高速道路、海岸通り、山岳路、市街地)全4コース

ギアチェンジ練習モードを除いた各コースにおいて、マニュアル/オートマチックのモード切り替え、エンジン排気量、走行環境(昼/夜/霧)の設定が可能。また、市街地走行モードでは運転診断(走行結果採点機能)が可能。

「ライディングアドバイザー」資格について

安全、快適にお乗りいただくための注意点をはじめ、日常の車両点検や、ユーザーのニーズにあったライディングのアドバイスを行うことを目的とした、(株)ホンダモーターサイクルジャパンによる販売店向け資格認定制度。全国5ヵ所(もてぎ、埼玉、浜名湖、鈴鹿、熊本)のHondaの交通教育センターで、インストラクターによる講習を受講した受講者に与えられる資格で、現在約2,700名が講習を修了している。

「ライディングトレーナー研修制度」について

ライディングトレーナーを有効に活用していただくため、全国4ヵ所(もてぎ、埼玉、鈴鹿、熊本)のHondaの交通教育センター、及びHST四国において、インストラクターによるライディングトレーナー研修制度を実施。Hondaの安全運転普及活動の取り組み、開発経緯や、ライディングトレーナーの基本操作、搭載ソフトの説明、加えてお客様への指導方法といった内容の研修としている。

付属品

専用ソフトウェア(CD-ROM)

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。