ニュースリリース

2006年09月25日

高出力化と環境性能を両立する「進化型VTECエンジン」を開発

 Hondaは、VTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)を進化させ、バルブのリフト量と開角を連続可変制御し、その上でVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)による位相の連続可変制御を組み合わせることで、高出力化と低燃費・低エミッションを高い次元で両立する「進化型VTECエンジン」を開発した。

進化型VTECエンジン

進化型VTECエンジン

3年以内に量産車に搭載して販売を開始する計画である。

 吸気バルブの連続可変制御により、運転状況にあわせたリフト量と位相の最適制御が可能となり、吸気の充填効率が向上し、回転域全域での大幅なトルク向上を実現した。また、中低負荷領域では、バルブを低リフトとし、早く閉じることでポンピングロスを低減して燃費を向上している。

 こういった制御の進化や吸気系部品の最適設計により、世界トップレベルの動的性能を実現しながら、燃費を約13%向上した。排出ガス性能は、LEV2-ULEVや「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」のクリーン性能を実現(社内測定値)している。

  • 数値はエンジン単体でのHonda測定値。現行2.4L i-VTECエンジン比

進化型VTECエンジン概要

排気量

2.4L