MENU

HONDA

検索
プレスインフォメーションへ
2006年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2006年のニュースへ
Press Information 2006
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
二輪製品ニュース
2006年12月7日
トリコロールイメージのカラーリングを施した
「VFR・スペシャル」を限定発売

 Hondaは、粘り強い出力特性の水冷・4ストローク・V型4気筒800ccエンジンと、より安定した制動性能を発揮する前・後輪連動ブレーキシステム(CBS)とアンチロック・ブレーキ・システム(以下ABS)を搭載した大型ロードスポーツバイク「VFR」に、トリコロールイメージのカラーリングを施した「VFR・スペシャル」を、12月8日(金)より限定発売する。

 「VFR・スペシャル」は、1980年代にアメリカのレースシーンで活躍したV型4気筒エンジン搭載のスポーツモデル「V45 Interceptor※1」をイメージさせる、トリコロールのカラーリングを採用。また、メインフレームをブラックとし、リアシート下のカウル側面には「INTERCEPTOR」のロゴを配するなど、細部にわたりスポーティーなイメージとしている。さらに、アクセサリーのリアシングルシートカウルを付属品とし、購入後にはお客様の好みに合わせた仕様の選択を可能としている。
 「VFR」は、1980年代に世界耐久選手権シリーズで活躍した「RVF750」で培われた技術を継承する、V型4気筒エンジンを搭載した高性能ロードスポーツモデルとして、国内では1986年に「VFR750F」として発売。1998年には排気量を800ccとするとともに、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を採用。2002年にはエンジン回転数によりバルブの開閉を制御する「VTEC※2」を採用するなど、最先端の技術を数多く搭載したモデルとして好評を得ている。また、2000年には排出ガス中の有害物質CO(一酸化炭素)などを低減する三元触媒システム「HECS3※3」を採用し、2006年にはABSを標準装備とするなど、環境性能や安全性能にも配慮したモデルとしている。
※1 水冷・4ストローク・DOHC・V型4気筒750ccエンジンを搭載したロードスポーツバイクとして、1983年に北米地域で発売
※2 VTEC=Variable Timing & Lift Electronic Control System
※3 HECS3=Honda Evolutional Catalyzing System 3

VFR・スペシャル
VFR・スペシャル

販売計画台数(国内)
VFR・スペシャル 200台(限定)
メーカー希望小売価格
VFR・スペシャル 1,228,500円(消費税抜き本体価格 1,170,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

お客様からのお問合せは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。


主要諸元

通称名 VFR
車名・型式 ホンダ・BC-RC46
全長×全幅×全高(m) 2.120×0.735×1.195
軸距(m) 1.460
最低地上高(m) 0.125
シート高(m) 0.805
車両重量(kg) 251
乾燥重量(kg) 223
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 3.2
エンジン型式・種類 RC46E・水冷4ストロークDOHC V型4気筒
総排気量(cm3 781
内径×行程(mm) 72.0×48.0
圧縮比 11.6
最高出力(kW[PS]/rpm) 59[80]/9,500
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 69[7.0]/7,500
燃料消費率(km/L) 26.5(60km/h定地走行テスト値)
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 3.8
燃料タンク容量(L) 22
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.846
2 速 2.062
3 速 1.578
4 速 1.291
5 速 1.111
6 速 0.965
減速比(1次/2次) 1.939/2.687
キャスター(度)/トレール(mm) 25°30´/95
タイヤサイズ 120/70 ZR17 M/C (58W)
180/55 ZR17 M/C (73W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
(デュアル・コンバインド・ブレーキ・システム)
油圧式ディスク
(デュアル・コンバインド・ブレーキ・システム)
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク、プロアーム)
フレーム形式 バックボーン(アルミツインチューブ)

関連情報 二輪製品のページへ

プレスルームへ プレスインフォメーションへ