MENU

HONDA

検索
プレスインフォメーションへ
2005年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2005年のニュースへ
Press Information 2005
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
企業ニュース
2005年7月20日
Honda、タイのエンジン工場の生産能力を拡大

 Hondaは、タイにおける四輪車の生産・販売会社ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(以下、HATC)のエンジン工場の生産能力を、現在の年間15万基から、2006年春に30万基へ拡大する。投資額は約40億円を予定している。

 HATCのエンジン工場では、エンジンの主要部品であるシリンダーブロックの塑形・加工およびシリンダーヘッドの加工を行っており、自国内向けの他、アセアン域内や南西アジアにも供給している。今回、建屋の拡張を行って機械加工の第二ラインを設置するとともに、シリンダーヘッドの塑形設備も導入し、シリンダーブロック、シリンダーヘッドの一貫生産を行う予定である。

 またこのエンジン工場では、今月から、日米以外で初めて、砂型の不要なスピンキャスト製法を導入してシリンダースリーブの鋳造を開始している。

ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド
【 Honda Automobile (Thailand) Co., Ltd. 】概要
設立 2000年12月
資本金 54億6000万バーツ
出資比率 本田技研工業株式会社 75.94%、
アジアホンダモーターカンパニー・リミテッド 15.42%
その他 8.64%
所在地 アユタヤ県
代表者 社長 戸田 寛(とだ ひろし)
従業員 約3,700名
事業内容 四輪車の生産・販売、エンジン部品の製造など

完成車生産車種 アコード、シビック、シティ、ジャズ、CR-V
完成車生産能力 12万台/年
プレスルームへ プレスインフォメーションへ