MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2005年07月15日

Honda、熊本製作所のATV及び二輪車のマザー機能をさらに強化

 Hondaの熊本製作所(熊本県菊池郡大津町、所長:宅野 和昭)は、ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチュアリング(HAM)の二輪車工場から生産を移管したATV「TRX450R」のラインオフ式典を本日行った。この移管により、熊本製作所はATVを含む二輪車生産の技を日本で磨き、高度な技術を世界に展開する体制を強化する。一方、HAMの二輪車工場は大型二輪車の生産に特化し、北米におけるATV生産はホンダ・オブ・サウスカロライナ・マニュファクチュアリング(HSC)へ集約され、オペレーションの効率化を図る。

TRX450R

TRX450R

 ATVは主に北米中心に、実用やレジャー、スポーツに幅広く使われている。アメリカにおけるATV市場は、2004年で81.3万台(前年比102%)となっている。Hondaは25.5万台(前年比104%)を販売している。熊本製作所は1983年にATVの生産を開始し、2004年は完成車1.2万台、KDを含め33.8万台を生産した。

 熊本製作所では、FI搭載の50ccスクーター「Dio Z4」のように付加価値のある小型二輪車の生産を行うとともに、アジアを中心に拡大する海外二輪車工場へのサポートは、質・量ともに増大している。世界での生産活動を牽引するATV、二輪車のマザー工場として、生産技術及び新機種立ち上げにかかわる技術レベルを高めるとともに、技術者の育成も進め、日本の技術発信力を強化していく。

  • ATV:All Terrain Vehicleの略称