MENU

HONDA

検索
プレスインフォメーションへ
2005年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2005年のニュースへ
Press Information 2005
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
企業ニュース
2005年5月23日
国内 四輪・汎用営業体制を強化

 Hondaは、国内の四輪・汎用事業の更なる現場・源流強化を目的に、「高効率な事業体制の構築」「販売網及び販売機能の強化」を軸に、本年9月1日付けで新たな営業体制へ移行すると発表した。
 この新体制のもと、総合力をさらに高め、先進の総合営業システムを構築し、お客様の「生涯顧客満足の最大化」を目指していく。新体制の主な強化項目は以下の通りである。

高効率な事業体制の構築
1)出先事業所の本社一元化
出先事業所である四輪地区営業部(6地区営業部)、パーツセンター(6パーツセンター)、汎用営業所(8営業所/1事務所)を閉鎖し、主要業務を本社に集約、一元化し、本社の最前線化、販売会社と本社の連携強化、IT活用による間接業務の効率化を進め、多様化するお客様ニーズや市場の変化に、柔軟かつ迅速な対応が図れる体制を構築する。
四輪地区営業部(6地区営業部)については、本社の各部門へ機能を集約、一元化する。
また、これまで地区営業部の要であった販売領域のフィールド機能、販売会社とのコミュニケーション業務については、新たに本社内に「東日本営業部」「西日本営業部」を設置し、現場との連携強化を図っていく。
パーツセンター(6パーツセンター)については、販売〜物流(供給)までの機能を見直し、販売領域を本社「アフターマーケット統括部」へ、物流領域を本社「部品事業本部」へと機能を集約、一元化する。
汎用営業所(8営業所/1事務所)については、本社「汎用営業部」へ機能を集約、一元化するとともに、卸商社、広域量販店、地域小売店 各々のビジネス形態や購買変化に対応した組織運営体制を構築する。

2)直行直帰型フィールド活動の導入
これまで出先事業所を起点として行ってきた販売会社への施策浸透や情報収集などのフィールド活動に代わり、新たに「担当地域在住による直行直帰型」のフィールド活動を導入し、出先事業所から販売会社間への移動時間の低減やITの最大活用を進めることにより、より現場に密着したスピーディで高効率な営業体制を構築する。
四輪については、「プリモ ブロックマネージャー」「サービスパーツ ブロックマネージャー」「用品 ブロックマネージャー」が各担当地域に在住し、
汎用については、「汎用 ブロックマネージャー」「汎用 サービスマネージャー」が各担当地域に在住し、直行直帰型とITを最大活用することで、より現場に密着した高効率なフィールド活動を行う。

販売網及び販売機能の強化
1)販売網の強化
中小規模の四輪地場販売会社を中心に営業・サービスの質、マネジメント力の更なる向上を図るため、これまでの臨店指導員制度を廃止し、豊富な実務経験、専門性を積極的に活用した営業部長クラスの派遣を行い(約120名)、長期的、総合的に販売会社の体質強化を推進していく。

2)人材育成の強化
現場・源流の原動力となる人材育成を生涯に亘り強化するため、個々の経験や能力に合わせた最適なスキルアップや効果的なコンサルティングが行えるよう、フレキシビリティの高い、独立組織としての人材育成専門会社(株)ホンダコンサルティングを新たに設立する。
この新会社では、これまでの社内の人材に加え、新たに外部、販売会社、OB(実務経験の豊富な本田技研OB)からの人材を講師として登用するなど、業界トップ水準の販売会社の経営、人材育成の高度化をめざしていく。
(株)ホンダコンサルティング 概要
会社名 (株)ホンダコンサルティング
資本金 1億円
出資比率 本田技研工業(株) 100%
設立日 2005年7月登記予定
従業員数 約130名(2005年9月1日時点)
所在地 東京都新宿区西五軒町13番地1号 住友不動産飯田橋ビル3号館10階

<参考:国内四輪営業概念図>
<参考:国内四輪営業概念図>

<参考:国内汎用営業概念図>
<参考:国内汎用営業概念図>
プレスルームへ プレスインフォメーションへ