MENU

HONDA

検索
プレスインフォメーションへ
2005年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2005年のニュースへ
Press Information 2005
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
企業ニュース
2005年2月10日
ホンダフィリピンにて二輪車生産累計100万台を達成、および新工場への移転を決定

 Hondaのフィリピンにおける二輪車生産・販売及び汎用製品の販売会社であるホンダフィリピンズ・インコーポレーテッド(以下略称:HPI 本社:メトロ・マニラ、社長:大山康弘)は、二輪車の生産累計が100万台に到達したことを記念し、2月10日に式典を行った。また近年急速に拡大する二輪市場に対応して、生産効率を向上し生産能力を拡大した新工場への移転を発表した。

 Hondaは1973年に合弁会社マリワサ・ホンダを設立し、二輪車の生産を開始した。1983年にマリワサ・ホンダを引き継ぎHPIを設立し、2004年には20万台(前年比152%)を生産、この2月に生産累計100万台を達成した。

 HPIの新工場は、現工場から南へ約60キロのバタンガス州サントトーマス市に建設され、総敷地面積は20万m2、建屋面積は4.2万m2となる。年間生産能力は当初50万台であるが、建屋拡張により100万台までの能力拡大に対応可能となっている。総投資額は13億ペソ(約25億円)*注、2005年3月に着工し、2006年1月に稼動開始の予定である。新工場は、自然環境を考慮したレイアウトを採用。各工程の同期化により流動在庫を削減し、既存設備を活用しつつ生産・物流効率向上を図る。
*注:1ペソ=1.9円で換算

 フィリピンの二輪市場は、2004年には47.5万台(前年比153%)と急速に拡大しており、2005年には60万台以上へ拡大すると予測されている。HPIはXRMや、Wave Alphaといったモデルを中心に、2004年に20.4万台(前年比156%)を販売した。

<ホンダフィリピンズ・インコーポレーテッド(Honda Philippines Inc.)概要>
設立 1983年12月
稼動開始 1983年12月
本社所在地 フィリピン メトロ・マニラ
資本金 6億4,086万ペソ
出資比率 本田技研工業(株)99.61%
代表者 社長 大山 康弘(おおやま やすひろ)
事業内容 二輪車の製造販売及び、汎用製品の販売
従業員数 約530名(2005年1月末現在)
生産能力 30万台/年(2005年1月末現在)
生産機種 XRM(110cc)、Wave Alpha(100cc)、TMX155(155cc)、
XR200(200cc)等
プレスルームへ プレスインフォメーションへ