MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2004年09月08日

ホンダ モーターサイクル アンド スクーター インディア初の モーターサイクルモデルを発表、新ラインの稼動を開始

Hondaのインドにおける二輪車生産・販売子会社であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアは、ニューデリーにて2004年9月8日午後12時00分(日本時間午後15時30分)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。 

 Hondaのインドにおける子会社であるホンダ モーターサイクル アンド スクーター インディア(以下:HMSI、社長:滝口 晴夫)は、HMSI初のモーターサイクルモデルとなる「ユニコーン」(空冷・4ストローク・単気筒150cc)を発表した。また、モーターサイクル生産のための第二ラインを新設し、「ユニコーン」の生産を開始した。 

ユニコーン

ユニコーン

 「ユニコーン」は優れた走行安定性を実現するモノサスペンションを備えたスポーティーなモーターサイクル。新開発エンジンにより、150ccクラスのモーターサイクルではトップレベルの燃費(60km/L*注1)を実現したほか、パンク防止に効果を発揮するタフアップチューブを採用するなど、実用性にも優れている。発売は10月7日で、販売価格は52,950ルピー(約12.7万円*注2)、年間約11万台の販売を計画している。 

 モーターサイクル専用の第二ライン「MCライン」は、従来のスクーター専用の第一ラインに隣接。新たな建屋内に新設され、9月1日より「ユニコーン」の生産を開始した。
 第二ラインの立ち上がりの生産能力は15万台/年、投資額は約16億ルピー(約38億円)となる。 

 インドの二輪車市場は2003年には約537万台(前年比:107%)、うちモーターサイクルカテゴリーは約410万台(前年比:112%)と成長を続けており、二輪車市場拡大の要因となっている。
 HMSIは2001年5月よりスクーターの生産、6月より販売を開始し、インドにおけるスクーターのNo.1メーカーへ成長してきた。2003年からは欧州へ100ccスクーター「LEAD」の輸出も行っている。
 今回初のモーターサイクルモデル「ユニコーン」を投入することによりラインナップを拡大し、さらに多様化するモーターサイクル市場のニーズに応えていく。

(*注1)Honda独自の基準(Indianモード)での計測による
(*注2)1ルピー=約2.4円で計算

ユニコーン主要諸元

全長×全幅×全高(mm)

2,090×750×1,095

エンジン方式

空冷・4ストローク・単気筒

総排気量

149cc

ホンダ モーターサイクル アンド スクーター インディア プライベート・リミテッド(Honda Motorcycle & Scooter India (Private) Ltd.)概要

設立

1999年8月

本社所在地

インド ニューデリー近郊 ハリアナ州 グルガオン地区

資本金

30億ルピー(約72億円)

出資比率

本田技研工業(株)100%

代表者

滝口 晴夫(社長)

事業内容

二輪車の製造、販売

従業員数

約2,000名(2004年8月末現在)

生産機種

Activa(100ccスクーター)、Dio(100ccスクーター)、Eterno(150ccギヤ付スクーター)、LEAD(欧州向け100ccスクーター)、Unicorn(150ccモーターサイクル)