MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2004年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2004年の目次へ

Hondaの情報
2004年5月10日
Honda 韓国で四輪車の販売を開始
Hondaの韓国における現地法人 ホンダコリア(本社:ソウル市、社長:鄭 祐泳)は、現地時間2004年5月10日(月)11時30分(日本時間 11時30分)、以下の件を発表致しましたのでその内容をご案内致します。

<ご参考>
 Hondaの韓国における現地法人ホンダコリアは、韓国国内において、5月20日より四輪車の輸入販売を開始すると発表した。

 第1号モデルとなるアコードは、2002年9月よりアメリカで販売されている北米向けアコードをベースに、韓国のお客さまの嗜好に合わせた仕様の変更を行ったもので、高い品質、信頼性、安全性に加えて、優れた走行性能、居住性・機能性、スポーティなスタイリングを実現している。
販売価格は、3.0 V6 VTECが3,890万ウォン(約350万円)、2.4 i-VTECが3,390万ウォン(約300万円)、生産は埼玉製作所で行われる。 *1ウォン=0.089円で換算

 ホンダコリアでは、新車販売、アフターサービス、部品販売の機能を備えたHonda独自のディーラー網の整備をすすめており、今年は4拠点(ソウル3拠点、プサン1拠点)の開設を目標にしている。1号店は5月20日にソウル市内にオープンする予定である。

 韓国の自動車市場は、1997年の通貨危機以降、2003年には約132万台と、アジア有数の市場規模となっている。輸入車市場は、関税の引き下げや日本車輸入解禁(1999年)などの施策により、2003年で約2万台規模まで成長している。Hondaは、この輸入車市場に参入すべく、昨年、当時の二輪車販売現地法人、ホンダモーターサイクルコリアに四輪車販売機能を加え、社名をホンダコリアへ変更するとともに、資本金も当時の30億ウォンから現在の120億ウォンに増資し、四輪車販売の準備をすすめてきた。


新型アコード 概要
タイプ(価格)
2.4 i-VTEC 2.4L 直列4気筒 3,390万ウォン
3.0 V6 VTEC 3.0L V型6気筒 3,890万ウォン

主要装備
5速 オートマチック・トランスミッション
運転者用・助手席用SRSエアバッグシステム
前席用サイドエアバッグシステム
サイドカーテンエアバッグシステム(3.0 V6 VTECのみ)
ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)
TCS(トラクションコントロールシステム)(3.0 V6 VTECのみ)
左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー
6連奏CDチェンジャー+AM/FMチューナー
本革シート
シュクラ社製ランバーサポート(運転席)
アルミホイール
フォグライト
キーレス エントリー
サンルーフ(3.0 V6 VTECのみ)
ドアミラーウインカー(3.0 V6 VTECのみ)

【 ホンダ コリア(Honda Korea Co., Ltd.)概要 】
設立 2001年10月
資本金 120億ウォン
出資比率 本田技研工業株式会社 98.75%
代表者 社長 鄭 祐泳(チョン ウーヨン 英語名 Woo Young Chung)
所在地 ソウル市
従業員 38名
事業内容 二輪車、四輪車の輸入販売・アフターサービスなど


プレスルームへプレスインフォメーションへ