MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2004年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2004年の目次へ

四輪製品ニュース
2004年10月12日
「ITS世界会議 愛知・名古屋2004」Honda出展概要について

 Hondaは、「ITS世界会議 愛知・名古屋2004」<会期:10月19日〜24日、会場:名古屋国際展示場(愛知県名古屋市)、主催:ITS国際会議 愛知・名古屋2004 日本組織委員会>に出展し、二輪車・四輪車・汎用製品分野の最新の運転支援技術や情報提供サービス技術の展示や、人間型ロボットASIMOと映像による知能化・情報化技術のプレゼンテーションを行う。
※ITS:Intelligent Transport Systems(高度道路交通システム)

 また、スクーターや電動車いす「モンパル」に様々な知能化技術を採用したコンセプトモデルの展示、二輪車・四輪車・モンパルで相互の通信を行うシミュレーターによる混合交通での予知予防技術の体験、ASIMOによるクルマの知能化・情報化のプレゼンテーションなど、一般の来場者にもわかりやすい説明や展示としている。

展示ブースイメージ図   四輪シミュレーター
展示ブースイメージ図 四輪シミュレーター
 
ASV ITスクーター ITモンパル
ASV ITスクーター ITモンパル

<主な展示内容>

車車間通信シミュレーター
ひとつの街を想定したバーチャル空間で、二輪車・四輪車・電動車いす「モンパル」が相互に通信をしながら相手に自己車両の存在を知らせ、衝突などの事故を防ぐ車車間通信を体験できる。また四輪ドライビングシミュレーターでは2003年6月にインスパイアで実用化した、走行状態、前走車との距離や相対速度から追突の危険性を判断して警報によりドライバーに回避操作を促すとともにブレーキを制御して速度の低減を行う、世界初の追突軽減ブレーキ(CMS:Collision Mitigation brake System)+E-プリテンショナーの作動を体験できる。
二輪ライディングシミュレーター 1台
四輪ドライビングシミュレーター(CMS+E-プリテンショナー体験機能付き) 3台
電動車いすモンパルシミュレーター 1台
 
ASV ITスクーター(コンセプトモデル)
自車の情報を発信すると同時に受信した他車情報から接近状況を判断し、衝突の危険が高い場合に運転者に情報提供を行う車車間通信機能を採用。全方位の車両と通信するために、ライダーの上部に通信用アンテナ(情報通信テールアップアンテナ)を設けるデザインとしている。また、他のドライバーが、二輪車を発見しやすくするために高輝度白色LED(被視認性向上LED)を採用。スピーカーとマイクを内蔵したコミュニケーションヘルメットで、車車間通信で得た他車の情報をライダーに伝えると同時にパッセンジャーとの会話なども可能としている。また、他車情報を視覚で伝えるマルチファンクション・ディスプレイを採用している。
 
ITモンパル(コンセプトモデル)
自車の情報を発信すると同時に受信した他車情報から接近状況を判断し、衝突の危険が高い場合に運転者に情報提供を行う車車間通信機能を採用。他のドライバーがモンパルを発見しやすくするための灯火器や、他車両が接近した時に点滅するハザードを採用。また、リアビューモニターを採用し、後方視界をモニターで確認できる。
 
インターナビプレミアムクラブ
2003年9月に世界で初めて実用化したフローティングカー情報サービス「プレミアムメンバーズVICS」(会員の車がVICS情報が提供されていない道路を走行した際の走行状況を収集して、よりきめ細かい交通渋滞情報を提供する)、ドライブに必要な気象情報をリアルタイムで提供する「インターナビ・ウェザー」などの実演。
VICSは財団法人道路交通情報通信システムセンターの登録商標
 
新型レジェンド
先進知能化技術 インテリジェント・ナイトビジョンシステム、CMS+E-プリテンショナー、HiDSを搭載する新型レジェンドを展示。
 
技術展示
アダプティブ・フロントライティングシステム:ステアリング舵角に連動してヘッドライトユニットの向きを変え、進行方向を明るく照射するシステム
インテリジェント・ナイトビジョンシステム:2基の遠赤外線カメラにより、車両進路上の歩行者や横断中の歩行者を検知し、画面上の表示とブザー音により運転者の注意を促す世界初のシステム
追突軽減ブレーキ(CMS)+E-プリテンショナー
HiDS(Honda Intelligent Driver Support System):高速道路での運転負荷を軽減する運転支援システム

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。


プレスルームへプレスインフォメーションへ