MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2003年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2003年の目次へ

その他のニュース
2003年3月13日
『2003熱気球ジャパンホンダグランプリ』 と
『2003熱気球ワールドホンダグランプリ』をHondaが特別協賛


<お知らせ>
 Hondaは、1993年にスタートした熱気球国内競技シリーズを『2003熱気球ジャパンホンダグランプリ』(全5戦)として今年も特別協賛する。また、1998年にスタートした国際競技シリーズも『2003熱気球ワールドホンダグランプリ』(全3戦)として特別協賛する。両グランプリシリーズとも主催は「熱気球グランプリ運営機構(AirB)」。

 精緻なメカニズムで一秒を争うF1レースとは対極を成す熱気球競技は、空気を熱することだけで浮上し、風に乗って移動するという最もプリミティブなモビリティーでの競技である。Hondaはモビリティーのリーディングカンパニーとして、熱気球競技も応援している。

 国内競技シリーズの『2003熱気球ジャパンホンダグランプリ』は、栃木県藤岡町の「渡良瀬運動公園」を主会場とする第1戦から始まり、第2戦は長野県佐久市、第3戦は三重県鈴鹿市、第4戦は佐賀県佐賀市、最終戦は栃木県茂木町で「ツインリンクもてぎ」を主会場に行われる。
 第3戦の鈴鹿バルーンフェスティバルでは、熱気球日本選手権が同時に開催される他、全国からホンダグランプリを開催する都市の代表が集まり、熱気球を介した地域の交流や情報交換を行う「バルーンサミット」も開催される予定。

 国際競技シリーズの『2003熱気球ワールドホンダグランプリ』は、本年もシリーズ戦として全3戦で競われる。第1戦のアメリカ地区大会はウィスコンシン州モンロー、第2戦のヨーロッパ地区大会はルクセンブルク大公国ブルシャイド、最終戦のアジア地区大会は「2003 MOTEGIインターナショナルチャンピオンシップ」としてジャパンホンダグランプリの最終戦との同時開催となる。

 Hondaがスポンサードする「Hondaホットエアバルーンチーム」は、ジャパン/ワールドすべての大会に参加する。


<日程・会場>

2003熱気球ジャパンホンダグランプリ■(開催日程等は変更となる場合があります)
 第1戦 4月4日(金)〜6日(日)
「渡良瀬バルーンレース 2003」 栃木県藤岡町 渡良瀬運動公園
第2戦 5月3日(土・祝)〜5日(月・祝)
「佐久バルーンフェスティバル 2003」 長野県佐久市 千曲川スポーツ交流広場
第3戦 9月19日(金)〜23日(火・祝)
「鈴鹿バルーンフェスティバル 2003」 三重県鈴鹿市 鈴鹿川河川敷・鈴鹿サーキット
第4戦 10月30日(木)〜11月3日(月・祝)
「2003佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」 佐賀県佐賀市 嘉瀬川河川敷
最終戦 11月20日(木)〜24日(月・祝)
「2003 MOTEGI熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」栃木県茂木町 ツインリンクもてぎとその周辺

2003熱気球ワールドホンダグランプリ■(開催日程等は変更となる場合があります)
 (2003 Hot Air Balloon WORLD HONDA Grand Prix)
第1戦 6月18日(水)〜22日(日) アメリカ地区大会
「Monroe Balloon Rally 2003」 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 モンロー
第2戦 7月23日(水)〜27日(日) ヨーロッパ地区大会)
「MOBILUX TROPHY 2003」 ルクセンブルク大公国 ブルシャイド
最終戦 11月20日(水)〜24日(日) アジア地区大会
国内シリーズ 最終戦「2003 MOTEGI熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」 と併催

<バリアフリー搭乗バスケット>
 Honda社会活動推進室は、より多くの方にバルーン飛行の喜びを体感していただくため、バスケットの前面にドアのついた「バリアフリー搭乗バスケット」を熱気球グランプリ運営機構(AirB)に提供し、熱気球体験搭乗等に使用する。これにより車椅子の方やお年寄りも乗り降りが容易となり、文字どおりバルーン飛行へのバリアが低くなる。


【詳細問い合わせ先】 Hondaホームページ http://www.honda.co.jp/balloon/


プレスルームへプレスインフォメーションへ