MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2003年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2003年の目次へ

その他のニュース
2003年3月3日
2003年Honda F1世界選手権参戦体制

<ご参考>
 Hondaは、ブリティッシュ・アメリカン・レーシング(B・A・R)との車体共同開発を含めたF1活動とエンジン供給を継続し、2台体制で2003年のF1世界選手権に参戦する。
 4年目を迎えるHondaとB・A・Rは第三期F1活動の目的のひとつである車体開発を更に加速、(株)本田技術研究所栃木研究所でのエンジン、車体技術の両面からの開発強化を図り、大幅な競争力向上を図る。
 またHondaのF1活動における決意の象徴としてB・A・Rへのスポンサーシップを開始することを決定した。

■Hondaの主要責任者
 F1プロジェクトリーダー木内健雄[きうち たけお](株)本田技術研究所 所付
車体技術開発責任者橋本 健[はしもと けん](株)本田技術研究所 主席研究員

■Honda Racing Development Ltd.(略称HRD)概要:
  社長田中詔一[たなか しょういち]
エンジニアリング・ディレクター中本修平 [なかもと しゅうへい]
所在地英国バークシャー州ブラックネル
活動内容F1レース活動最前線基地として
本田技術研究所栃木研究所への技術的フィードバック
エンジンのメンテナンス
渉外/広報活動  等

■2003年Honda F1エンジン概要:
 名称Honda RA003E
形式3.0L V型10気筒自然吸気
変更点大幅な軽量コンパクト化を実現し完成車の低重心化とマス集中を可能とする

Honda RA003E
Honda RA003E

■2003年車体概要:
 名称B・A・R Honda005
変更点根底よりエンジニアリング基準が見直され、いっそうの小型化、軽量化に成功。重心も低くなり、空力性能も向上した

■LUCKY STRIKE B・A・R Honda 概要:
 チーム代表デビッド・リチャーズ
テクニカルディレクタージェフ・ウィリス
ドライバージャック・ビルヌーブ
ジェンソン・バトン
サードドライバー佐藤琢磨
テストドライバーアンソニー・デビッドソン

■本田技研工業(株)専務取締役 福井威夫のコメント
 「開幕直前のテストではレース仕様での確認も無事終え、確かな手ごたえを感じております。今年こそ表彰台の常連を目指しがんばってまいりますのでご声援を御願い致します。」


プレスルームへプレスインフォメーションへ