MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2003年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2003年の目次へ

Hondaの情報
2003年11月14日
Honda 台湾で新型アコードの販売を開始
Hondaの100%子会社である台湾本田股有限公司(本社:台北市、総経理:藤崎照夫)は、現地時間2003年11月14日(金)14時00分(日本時間同 15時00分)、以下の件を発表致しましたのでその内容をご案内致します。

<ご参考>
 Hondaの台湾における現地法人 台湾本田股有限公司(以下、台湾本田)は、新型アコードの販売を11月14日より全国一斉に開始する(3.0 V6の発売は、12月中旬)。新型アコードは、10月より既に台湾南部 屏東市の台湾本田の四輪車工場で生産を開始しており、販売価格は、中級グレードの2.0 EXで809,000元(約260万円*)、年間で約10,000台の販売を見込んでいる。
*1元=3.2円で換算

 このアコードは、昨年9月よりアメリカで販売されている北米向け新型アコードをベースに、台湾の道路事情や使用条件に合わせた仕様の変更を行ったもので、高い品質、信頼性、安全性に加えて、優れた走行性能、居住性・機能性、スポーティなスタイリングを実現している。また環境面では、燃費の向上に加えて、欧州排出ガス基準におけるEuroIIIレベルを達成している。

 Hondaは、2002年2月に全額出資の現地法人として台湾本田を設立、それまでの現地パートナーとの提携による事業から、Hondaのグローバル調達・生産ネットワークを最大限に活用したビジネス体制への転換を図っている。台湾本田は、2002年6月、屏東市にある自動車メーカー 大慶汽車工業の生産設備および土地の一部を購入した後、Honda独自の生産システムを導入するため、新たな生産設備などへの投資を行い、2003年1月にCR-Vの生産を開始。今年は1-10月で約8,500台を生産・販売、2003年はCR-Vとアコードで約11,000台を見込んでおり、2004年は上記2機種で約20,000台の生産・販売をめざす。

 販売面では、新車販売、アフターサービス、部品販売の機能を備えたHonda独自のディーラー網の拡充をすすめており、現在の20店体制から、2004年6月には、約30店までに拡大する予定。


新型アコード 概要
タイプ (価格)
2.0 LX 769,000元
2.0 EX 809,000元
2.0 EX-S 859,000元
3.0 V6 1,079,000元

主要装備
5速 オートマチック・トランスミッション
EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)
運転者用・助手席用SRSエアバッグシステム
前席用サイドエアバッグシステム(2.0 EX-S、3.0 V6のみ)
TCS(トラクションコントロールシステム)(3.0 V6のみ)
クルーズコントロール(2.0 EX-S、3.0 V6のみ)
サンルーフ(2.0 EX、2.0 EX-S、3.0 V6のみ)
本革シート
左右独立コントロールオートエアコン(2.0 EX、2.0 EX-S、3.0 V6のみ)
アルミホイール
イモビライザー
キーレス エントリー

【台湾本田股有限公司(Honda Taiwan Co.,Ltd)概要】
設立 2002年2月
資本金 約36億元(約115億円* *1元=3.2円で換算
出資比率 本田技研工業株式会社 100%
本社所在地 台北市(工場所在地は屏東市)
代表者 総経理 藤崎照夫
従業員 約850名(2003年末)
生産開始 2003年1月
生産車種 CR-V、アコード2.0、3.0 V6
生産能力 30,000台/年


プレスルームへプレスインフォメーションへ